ママ友同士のトラブル 原因は甘えと慣れ、感謝は忘れるな

4月15日(月)16時0分 NEWSポストセブン

ショッピングの合間に娘とオープンカフェで休憩する真木

写真を拡大

 幼稚園や小学校の入園、入学シーズン。出会いがあるのは子供たちだけではない。母親たちにも“ママ友”という新しいコミュニティーが生まれる時期だ。「子供」という共通項だけで親密になってしまうがゆえ、難しい面も多い。


 都内の閑静な住宅地にある瀟洒な邸宅の前に停まった高級車。先に助手席から降りてきた小学生の女の子が慣れた様子でインターホンを押し、家の中に入っていく。母親同士らしき2人は軽く挨拶を交わすと、再び車は走り去った。


 どこにでもあるママ友関係の一コマのようだが、高級車の持ち主は真木よう子(36才)。預かったママは木村カエラ(34才)だった。しばらくすると、カエラは子供を伴って、近所にお出かけ。すっかり真木の娘を“預かり慣れている”様子である。


 もともと家族ぐるみで仲が良かったという真木とカエラ。真木は2015年に離婚して、シングルマザーとなったが、女優業に再び力を入れているなかで、ママ友のカエラに頼ったということのようだ。


 仕事を持つ母親にとって“ママ友”は大切な存在。だからこそ、関係がこじれないよう気をつかう相手でもある。


『「あ〜めんどくさい!」と思った時に読む ママ友の距離感』(青春出版社)の著者で、教育ジャーナリストの西東桂子さんが言う。


「ママ友は子育てという共通の悩みや喜びを持っているので、急速に仲よくなりやすいが、気をつけなければいけないこともたくさんあります。特に最近増えているのが、子供を預けることに端を発したママ友間の亀裂です」


 お互いに子供を預けたり、預けられたりの関係がうまく保たれていればいいが、そのバランスが崩れると、不満が生じやすくなる。都内に住む30代の専業主婦が憤る。


「私が専業主婦だということで、パートなどで働いているお母さんから子供を預かってほしいとよく言われます。子供同士も仲がいいので引き受けてきましたが、だんだん当たり前みたいに思われてきて。いつも預かる一方です。専業主婦だって暇じゃないのに…」


 なかには「美容院に行きたいから」「(別の)友達と食事に行くから」といった理由で子供を預けるケースもあるという。だが、“それは無理”と断ると、トラブルのもとになることも。後日、“すごく困ってるときに助けてくれなかった”と、ママ友の間で陰口をたたかれたこともあったという。


 車での送り迎えも、亀裂の原因になりやすい。


「子供が同じサッカー教室に通っているママ友。彼女は運転免許を持っていないので、毎週末の試合のたびに私が車で送り迎えをしています。正直、彼女の家を回っていくのは遠回りになるし、帰りに寄り道をしたくてもできない。時々、無性に腹が立ちます」(40代主婦)


 預かっている側が我慢を強いられているケースもあれば、預ける側は「いいよ」と言ってもらえていても、後から文句を言われるのが怖いとちゅうちょするケースもあるという。


 前出・西東さんによれば、トラブルの原因は「甘え」と「慣れ」にあるという。


「一方が頼るだけの関係が続き、“なんで私ばっかり”となってしまうケースは非常に多い。その根本には相手に対する甘えがあります。最初のうちはお礼の言葉を伝えたり、お土産を持っていったりしていたのに、慣れてくるとついつい感謝を忘れがちになる。そこから生まれる小さな苛立ちが大きなストレスに発展し、ママ友関係がいきなり崩壊してしまうことも少なくないのです」(西東さん)


※女性セブン2019年4月25日号

NEWSポストセブン

「ママ友」をもっと詳しく

「ママ友」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ