橋下徹氏 大阪都構想へ向け公明党に宣戦布告した理由

4月15日(月)16時0分 NEWSポストセブン

大阪都は実現するか

写真を拡大


 大阪ダブル選の圧勝から一夜明けた4月8日、大阪維新の会の「生みの親」である橋下徹氏がフジテレビ系の番組で「大阪都構想」実現に向けての新たな“宣戦布告”をした。


「全部立てていく。エース級のメンバーがもう準備できている」


 維新が次の衆院選で、公明党の現職がいる大阪、兵庫の6選挙区すべてに“刺客候補”を擁立するという意味だ。そして、刺客の1人に大阪市長から府知事に転じたばかりの維新のエース、吉村洋文氏の名前を挙げて驚かせた。


「知事になっても次の衆院選になったら、公明党を倒しに行く。公明党がちゃんと話をつけるのか」


 橋下氏が公明党を名指しで宣戦布告したのには理由がある。維新はダブル選の勝利で大阪市を大阪府に統合する悲願の「大阪都」実現に大きく近づき、年内にも、一度否決された住民投票に再チャレンジする方針と見られている。


「大阪都構想を掲げて戦ったダブル選挙も府議選、市議選も圧勝した。この勢いで住民投票を実施すれば、今度こそ府民の賛成を得られる。できるだけ早くやるべきだ」


 維新の議員からは、住民投票の早期実施を求める声が強い。4年前の住民投票で都構想を否決され、市長退任と「政界引退」を表明した橋下氏自身にとっても、次の住民投票はリベンジマッチといっていい。


 だが、それには超えなければならないハードルがある。府議会と市議会の賛成がなければ、住民投票を実施できないのだ。


 維新はダブル選と同時に行なわれた大阪府議選で過半数の議席を得たものの、大阪市議選は過半数にわずかに足りなかった。


 鍵を握るのが公明党の動向だ。市議会では自民党から共産党まで都構想「絶対反対」の立場をとっている。維新が住民投票を実施させるには公明党を抱き込むしかないが、両党には遺恨がある。


 これまで維新側は都構想への協力を取り付けるため、過去3回の衆院選で公明党候補がいる選挙区への独自候補擁立を見送り、選挙協力を行なってきた。ところが、公明党大阪府本部は本音では都構想に慎重な立場で、今回のダブル選挙でははっきり反維新に回った。


 そこで喧嘩上等の橋下氏は公明党に「倒す」と最後通牒を突きつけ、「都構想に本気で協力するか。それとも衆院選で維新と対決するか」の踏み絵を迫っているのだ。ダブル選で勢いを見せつけた維新に刺客を差し向けられれば、公明党は次の衆院選では関西で“全滅”の可能性もある。


「大阪春の陣」のダブル選に続いて、5〜6月の大阪市の定例議会は住民投票を実施するかどうかを決める「大阪夏の陣」になる。


※週刊ポスト2019年4月26日号

NEWSポストセブン

「橋下徹」をもっと詳しく

「橋下徹」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ