新元号「令和」にちなんだキラキラネーム出現か

4月15日(月)16時0分 NEWSポストセブン

評論家の呉智英氏

写真を拡大

 新元号「令和」が発表された途端、全国の「令和」さんが探し出され、ニュースに登場している。「よしかず」さんや「れいな」さんがいたが、今後は、新元号にちなんだ名付けもあるだろう。評論家の呉智英氏が、万葉集にちなんだ新元号「令和」登場で、キラキラした“暴走万葉仮名”読みの名前が登場するのではないかと危惧している。


 * * *

 新元号が「令和」と決まった。


 発表の四月一日十一時半すぎ、NHKラジオからニュースが流れた。私はテレビを見る習慣がなく、テレビは持っていない。アナウンサーは、新元号は「れいわ」です、と言う。ねいわ? れいあ? 漢字が分からない。苛々していると、アナウンサーは一、二分後に「年齢」の「れい」に「平和」の「わ」です、と言った。


「齢和」って、おかしな元号だな。「齢」は今まで元号に使われてないし。そう思っていると、少しして訂正のアナウンスがあった。「命令」などの「令」です、と言う。ははぁ、アナウンサーは画数を省略した代用表記「年令」のつもりだったんだなと気づいた。


 国語辞典では「年齢」とするし、英和辞典でもageは「年齢」である。しかし、手書きの文章では「年令」を見ることもある。昨今パソコンの文書が多く、画数の多寡は負担にならないはずなのに、この代用表記が広がっているのだ。


 これは「闘」の代用字の「斗」の場合と同じである。


「闘」は本来「鬪」。鬥(たたかいがまえ)は、向い合った戦斧(せんぷ)の象形である。「門」とは全然違うけれど、「鬪」の省略表記の始まりとなった。次は中の複雑な部分を音の近似した「斗」に代えて、もんがまえの中に斗と書く漢字を造字。最終的に「門」も外して「斗」となった。


 しかし、「斗」は闘いとは全く無縁の漢字である。これは柄杓という意味だ。北の空に柄杓状に星が並んでいるから北斗七星である。柄杓は酒などの量を斗(はか)る。だから、「はかり」「〜ばかり」と読む。ところが、近時意味を知らずに人名にしばしば使われる。例えば「雄斗(ゆうと)」。雄々しく闘うのつもりかもしれないが、「雄(おす)ばかり」としか読めない。男子寮だろうか。


 こういう無理読みは、暴走族の夜露死苦(よろしく)と同類だから、私は暴走万葉仮名と名付けた。我ながら良い命名だと思う。キラキラネームなどというよりよほどいい。


「令和」は、暴走してはいないけれど、万葉集から取られた。これまで支那古典から取られていたので、国粋主義の表われか、などの声も出ているが、つまらぬいいがかりである。漢字すなわち支那文字である以上、四書五経から取ろうが万葉集から取ろうが同じことだ。平仮名でも片仮名でも元は漢字である。


 新元号を子供の名前につける親も出てくるだろう。それはそれでよい。明治(あきはる)だって大正(ひろまさ)だって昭和(あきかず)だって平成(ひらしげ)だっているだろうし。ただ、暴走読みはやめるべきだ。「令和(れいな)」など、和(なごむ)の「な」のつもりかもしれないが「和」全体で「なごむ」である。この伝でいけば、「醜女」で「みお」、「塵芥」で「ちあ」も可能になる。


 新元号原案には令和の他に「万和(ばんな)」もあった。これは暴走読みではない。連声(れんじょう)である。前の文字のンが連らなりナとなった。「観音」「反応」も同じ。「音」単独で「のん」はなく「応」単独で「のう」はない。「天皇」も「皇」が連声で「てんのう」である。


●くれ・ともふさ/1946年生まれ。日本マンガ学会前会長。近著に本連載をまとめた『日本衆愚社会』(小学館新書)。


※週刊ポスト2019年4月26日号

NEWSポストセブン

「元号」をもっと詳しく

「元号」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ