“タモリが「いいとも」を降板した本当の理由”記事にフジ関係者がブチギレ!

4月16日(火)17時59分 アサ芸プラス

 4月14日の「東洋経済オンライン」が、昭和、平成を彩った人気長寿バラエティ番組「笑っていいとも!」(フジテレビ系)の終了理由に関する記事を掲載した。記事によると、タモリは番組スタッフとの間で確執があったという。

「末期の『いいとも』には、オネエ系のイケメンを紹介する『オネメンコンテスト』というコーナーがありました。今回の記事によれば、タモリはそういった主婦向けの企画を行う方針に反対していたそうで、『オネメン──』の時だけ出演をボイコットしていたとのこと。そして、そんな状況が続いたため、タモリみずから降板を申し出たというのです」(テレビ誌記者)

 この記事は、Yahoo!ニュースに掲載されたことで、アクセスランキング上位となり、大きな反響を呼ぶこととなった。しかしその内容に、当時の番組関係者は激怒しているという。

「記事の掲載後、『いいとも』の演出を務めていた木月洋介氏は、自身のツイッターにて《ネット上の根拠のない噂は、時間経つといつのまにか真実のように書かれるんですね。。。おそろしい》《これが東洋経済で、Yahoo!ニュースだというのもおそろしい》と反論。さらに『IPPONグランプリ』(フジテレビ系)などを担当する日置祐貴氏も、《このテの嘘まみれテレビの悪口ニュースをテレビ界の先輩方は殆ど無視してきたと思う。度量があると思える反面、そろそろ「全然違えよ!」「ふざけんなよ!」と言う人が出てきて欲しいと思う(略)》と苦言を呈しました」(前出・テレビ誌記者)

 スタッフの怒りの声を聞く限り、タモリと関係者の間に確執があったわけではないようだ。

アサ芸プラス

「タモリ」をもっと詳しく

「タモリ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ