BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

間取り図が好きな『イニシエーション・ラブ』の著者が、不動産ミステリーを書いた

文春オンライン4月16日(日)17時0分

『物件探偵』(乾くるみ 著)


「僕はネット上の不動産情報を見るのが好きで、引っ越しの必要が無くてもいろいろな間取り図を眺めるのが趣味なんです。とくに売買物件は賃貸とはまた違った世界が広がっていて面白い。ミステリー本に間取り図が付いていると、もうそれだけでわくわくするんですよね。だから今回のこだわりとしては、各短編の扉に間取り図を入れました」


 大ヒット作『イニシエーション・ラブ』の乾くるみさんが放つ最新作『物件探偵』は、なんと不動産ミステリー。利回り12%の好条件物件に仕組まれた罠から、相場より安いのになぜか退去者が相次ぐアパート物件の怪まで、大興奮の6編が収められている。


「ミステリーファンにとってお馴染みの古典的なトリックのパターンを、人間同士ではなく不動産同士でやったら面白いかなと思って。たとえば島田荘司さんの『占星術殺人事件』の原理を使って蘇部健一さんが『六枚のとんかつ』という短編を書いたように、ある原理を応用してアレンジで勝負するって、ミステリーの大きな楽しみなんです」



いぬいくるみ/1963年、静岡県生まれ。静岡大学理学部数学科卒。98年に『Jの神話』でメフィスト賞を受賞し、デビュー。2004年刊行の『イニシエーション・ラブ』は各界で高く評価され、ミリオンセラーとなった。他の著書に『リピート』『セカンド・ラブ』など。


 乾さんがネットで物件探索をしていたら、自分の住んでいるアパートが一棟売りに出ていたことも。そんな体験から生まれた短編もある。近年、全国的に不動産投資ブームが起きているが、投資の罠にはまっていく心理描写も実にリアルだ。


「僕は年に2冊本を出して印税200万円で、ようやく暮らせるという生活が長かった。ずっとカツカツだったのに、『イニシエーション・ラブ』が文庫で大きく売れて、2008年くらいからそれまで見たことのないようなお金が入ってきたんです。すると心配性なので、ハイパーインフレになって現金の価値が半減したらどうしようと(笑)。政府のインフレ政策をみても、現金で持っているより、半分は不動産で持つほうがいいんじゃないかといろいろ考えたんですね。そんな僕の不安が描写に滲み出てるのかもしれませんね」


 そもそも『イニシエーション・ラブ』は、当初「こんなものを書くとは思っていなかった」という。


「中高生の頃、横溝正史ブームの中で育って、本格のトリックとかロマンを味わってミステリーを志した世代なので、まさか自分が恋愛小説を書くとは思ってもみませんでした。でもやってよかった。なんだかんだで、僕が書くと同じネタでもいい化学変化が起きる——そう期待してくれる読者もいるので、今回もそうなっているといいな(笑)」



『物件探偵』

利回り12%の投資用物件に仕掛けられた思わぬ罠「田町9分1DKの謎」、新幹線の座席が残置されたマンション物件「表参道5分1Kの謎」など、トリックに思わず手を打つ珠玉の6篇。“物件の気持ちがわかる”不動尊子が怪しい物件を嗅ぎつけては次々と謎を解く、痛快無比のリアル不動産ミステリー!





(「週刊文春」編集部)

はてなブックマークに保存

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「間取り図」「イニシエーション・ラブ」「不動産」「ミステリー」の関連トピックス

注目ニュース
小栗旬がフジテレビに「絶縁宣言」で、「CRISIS」続編が白紙の危機! アサ芸プラス6月28日(水)9時59分
小栗旬がフジテレビに絶縁宣言!?6月22日発売の「週刊新潮」によると、小栗はとある事情からフジテレビに対して怒りを露わにしていたという。[ 記事全文 ]
フジテレビ新体制発足で、いよいよ小倉智昭らの「クビ切り」が決定か!? アサ芸プラス6月28日(水)9時59分
6月28日の取締役会で正式にフジテレビのトップに就任する宮内正喜新社長。その新体制がスタートするにあたり、さっそく打ち切り番組の最有力候補…[ 記事全文 ]
杉良太郎が批判「名ばかり刑務所ボランティア」有名人は誰? NEWSポストセブン6月28日(水)11時0分
被災地慰問や途上国支援といった芸能人の慈善活動については、世間から注目される一方で「売名目的」といった批判もつきまとってきた。[ 記事全文 ]
TKO木下が踏んだ“和田アキ子の地雷” ナリナリドットコム6月28日(水)8時42分
タレントの勝俣州和(52歳)が、6月25日に放送されたバラエティ番組「テレビじゃ教えてくれない!業界裏教科書」(AbemaTV)に出演。[ 記事全文 ]
「仮面ライダーW」7年ぶりの続編が決定 映像作品ではなく新たなステージで BIGLOBEニュース編集部6月28日(水)10時2分
東映は28日、特撮TVドラマ「仮面ライダーW」の続編の製作が決定したことを発表した。[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア