「アメリカと北でやっとけ」  海老蔵ブログがネットで波紋

4月16日(日)14時56分 J-CASTニュース

ブログで平和への思いを書いた海老蔵さん(2016年6月撮影)

写真を拡大

アメリカと北朝鮮との間で高まる軍事的緊張状態について、歌舞伎俳優の市川海老蔵さん(39)がブログで投稿した内容が、ネット上で波紋を広げている。


「Xデーってなんだよ、ふざけるな!」。海老蔵さんは2017年4月15日朝、自らのブログを更新して、こう怒りをぶつけた。



「戦争なんて愚かな事」「スポーツで争えば十分」



アメリカが北朝鮮を攻撃する日という意味の「Xデー」を指しているらしく、海老蔵さんは、何らかのニュースを見てそう思ったそうだ。そのうえで、「アメリカと北でやっとけ 日本を巻き込むなよ!」と自らの考えを主張している。ブログのタイトルは、「朝から不快」だった。


海老蔵さんはその後も、アメリカと北朝鮮の問題に触れたとみられるブログを書き、「戦争なんていう愚かな事はせず スポーツで国と国が争えば十分です」と思いをつづった。また、卓球のアジア選手権女子シングルス準々決勝で、平野美宇選手(17)が世界ランク1位の丁寧選手(26)(中国)を破ったことに対して、「こういうニュースはいいなぁ〜」と感想を漏らした。そして、2020年の東京五輪は、スポーツで争えば十分と感じてもらえるような平和を広めるイベントになることを強く願っているとしている。



ブログのコメント欄には、「そのとおりだと思います。ただただ平和に暮らしたいだけなのに、ほんとに愚かですね」「ほんとに不快!恐さを感じる...。日本を巻き込まないでほしい!」などと海老蔵さんのファンらから共感の声が次々に寄せられた。


一方で、ネット掲示板やツイッターなどでは、海老蔵さんの意見について、異論も出ている。



「言葉が足らなかったカモ」



北朝鮮による日本の拉致被害者を無視しているという声や、北朝鮮は日本の排他的経済水域にミサイルを撃ち込んでおり、日本は無関係ではないなどの指摘だ。



また、「現実逃避だな 今そこにある危機だと言うのに」「芸人が有識者面でコメンテーターやってるの見てる気分」「時事ネタに触れなきゃいいのに」といった意見も書き込まれている。



相次ぐ異論について、海老蔵さんは4月15日の夜になって、「朝のブログ話題になってますね笑」と改めて取り上げた。「意見は微妙な人多いなぁ」と感想を漏らした後、「安保とか拉致問題とかあるのは重々承知」と強調した。しかし、「今回は安保なのかね? アメリカの武力行使でしょ」と持論を述べ、「その挑発にのっているのは北朝鮮であって、そんなことでミサイル日本に打ち込むな!と言ってんだけどね」とブログの意図を説明している。



ただ、「言葉が足らなかったカモ」として、「スミマセン」と謝罪した。最後に、「どちらにしても ミサイルや核だなんだではなく 子供達や家族 日本国民 そして世界中の人々が平和で暮らせる事が一番なんだと私は思うなぁ」とつづっていた。

J-CASTニュース

この記事が気に入ったらいいね!しよう

市川海老蔵をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ