「ファシオさんどうした…」リブランディングに反響、”自分らしさ”大切にする20代の価値観が背景に

4月16日(金)16時0分 オリコン

「ファシオ パーマネントカール マスカラ F(ロング)」

写真を拡大

 コーセー「ファシオ(FACIO)」がリブランディングを行い、ロゴやパッケージを刷新。くすみカラーを起点とした心地よい色合いの新アイテムに、SNSでは「かなり衝撃!」「ファシオさん一体どうした?!」「新パッケージかわいい」などと反響が集まった。

 リブランディングにあたり、同社はターゲットである20代にアンケートやインタビューを実施。そこで明らかになったのは「流行を取り入れたい」よりも「自分らしさを大切にしたい」「自分が満足したい」という価値観だった。

 これをふまえ、新しいブランドコンセプトは、「なじむ、らしさ、つづく。」とし、2000年のブランド誕生当初から受け継がれてきた“メイクが落ちない”高機能はそのままに、一人ひとりの肌やまつ毛にやさしく“なじむ”、ありのままの美しさを引き出すブランドへと進化。「わたしらしさ」を感じるブランドへと生まれ変わる。

 パッケージのニュアンスカラーは、少しくすんだ色あいにすることで、リラックス感ある、添うやさしい雰囲気を演出。店頭は、ドレッサーのような大きな鏡で、まるで自分の部屋にいるように、くつろぎながら商品を選べる空間となっているという。

 新アイテムは、本日よりEC限定で先行発売、5月16日(日)より全国のドラッグストア等で店頭販売される。

オリコン

「反響」をもっと詳しく

「反響」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ