「“平均”に収まらない人は意外と多い」、人気クリエイターきりまるがSNS世代に愛される理由

4月16日(金)8時40分 オリコン

著書『まるっと365日! 自分史上いちばん垢抜ける 3色コーデ帖』(宝島社)を刊行した、きりまる (C)宝島社

写真を拡大

 抜け感のあるゆるっとコーデがSNSで大人気のファッション系クリエイター・きりまる。YouTuberとしても活動し、YouTubeチャンネルは開設1年で登録者数50万人を誇る。今月発売のスタイルブックは、予約開始とともにAmazonランキング書籍総合1位を獲得(3/6調べ)と、SNSを飛び出した活躍にも注目だ。そんな彼女の身長は平均よりやや低めの154.5cm。いわゆる"モデル体型"ではない彼女がSNS世代の共感を集めている理由とは? その魅力をインタビューで探ってみた。

■看護師を退職し、ファッションの道へ転身「夢はいくつあってもいい」

──昨年、看護師を退職されてから、関西コレクションやブランド立ち上げ、そしてこのスタイルブックとファッションのお仕事がどんどん広がっていますね。

【きりまる】昔から看護師になるのが夢だったんですが、読者モデルやSNSのお仕事にお声がけいただく中で、看護師の道は諦めようと悩むこともありました。だけどやっぱり資格を取って現場で働いてみてから考えようと、頑張って資格を取り、現場で働くこともできました。そうなったときに人生は一度きり。夢はいくつあってもいいと考えて、思い切って若いうちにしか経験できないことの多いファッションのお仕事に踏み出すことにしたんです。

──看護学校時代からSNSでファッションの発信をされていましたが、きっかけは?

【きりまる】7年くらい前、当時流行ってたMixChannelでファッションとはぜんぜん関係ない動画を上げたんです。そしたら「そのお洋服どこで買ったんですか?」とか「コスメは何を使ってるんですか?」と質問をたくさんいただくようになって。みなさんの参考になったらいいなと、そこからファッションにどんどん特化していった感じですね。

──昨年開設したYouTubeチャンネルで、ますますファンが広がったのでは?

【きりまる】Instagramは写真がメインなので、どうしてもキレイなところしか伝わりづらいんですよね。でも私はもっとリアルなこともみなさんと分かち合いたくて。気になってるけど身近な人とは話題にしづらいデリケートな質問をいただくこともよくあるんですね。たとえば脱毛とか。私や視聴者さんの実体験を回答形式で動画にまとめたらみなさんすごく喜んでくれたんです!

──一般にファッション誌に登場するモデルはスラッと高身長です。低身長を生かした垢抜けコーデが人気のきりまるさんですが、身長がコンプレックスだったことは?

【きりまる】うーん。私が元々好きなゆるっとナチュラルテイストのお洋服って、わりと低身長にも合うかなと思うので、コンプレックスに感じたことはないかもしれません。でもフリーサイズのお洋服はけっこう難しいです。フリーサイズって一番多い購買者の体型をベースにデザインされていると思うので、同じような悩みを持たれている低身長さんはけっこういます。

──ファッション誌などのマスなメディアが提案するコーデは、低身長さんには参考にしづらいところも?

【きりまる】そうかもしれないです。私もですけど、身長や体重が"平均"に収まらない人って世の中に意外とたくさんいるんです。でもそれをコンプレックスに感じたり、ないものねだりするんじゃなくて、「自分に似合うお洋服を探そう!」という感じですね。私がWEAR(ファッションコーディネートアプリ)をよく使うのは身長が表示できるから。ウエストの位置とか丈感といったバランスで垢抜けるかどうかって決まるので、同じような低身長さんにお役立ちできればいいなという思いがあります。

──今年3月にはブランド・onetomeを設立。すでに売り切れ続出するなど大人気ですが、商品開発で大切にしていることは?

【きりまる】とはいえ、体型の悩みって「お尻が大きくて……」とかいろいろあって。そういうことに悩まずにお洋服を楽しんで、気持ちまで前向きになれるようなブランドになりたいですね。「きりちゃんが作ったお洋服だから間違いないはず」と期待して購入してくださる方もいると思うので、責任はすごく感じています。

■SNS世代の人気者は“みんなの代表者”、「みんなで可愛くなっていく」共有の“場”を提供

──きりまるさんのようにSNSから人気者になっていくファッショニスタが増えているのはなぜだと思いますか?

【きりまる】リアルに参考にしやすいんだと思います。私が中学の頃って10年くらい前ですけど、まだSNSもそんなに普及してなかったのでお手本がファッション誌しかなかったんですね。だけど8頭身のモデルさんが着ている服は、どう考えても私には似合わない(苦笑)。あとお値段的にもなかなか手が出ないお洋服だったり。同世代でもハイブランドが好きな方はいますが、全身揃えている方ってそんなにいない気がするんですよね。

──きりまるさんはプチプラで可愛くコーデするのも上手ですよね。

【きりまる】この本も半分以上が私服なんですけど、本当に参考にしていただきたいのでなるべくリーズナブルなお洋服で工夫しました。でも今ってお値段が高いお洋服じゃなくても、自分で研究して可愛く着こなしている方が本当に多いです。私もフォロワーさんから「これ買ったらよかったです」と教えていただくことがよくあります。

──きりまるさんのSNSやYouTubeのコメント欄も、まるで女子会みたいにユーザーさん同士の会話が盛り上がってます。

【きりまる】今はモデルさんや芸能人の方の意見ばかりじゃなくて、「これ使ってみたらこうだったよ」とかみんなで意見とかアイデアを出し合って、「みんなで可愛くなっていこう!」みたいなところがありますよね。私のSNSやYouTubeはその“場作り”だったり、あとは"視聴者の代表"じゃないけど、実際に体験した実感をお話したり、そんな役割になれればいいなと思っています。

—最後に、読者の方へメッセージをお願いします。

【きりまる】ファッションが好きな方でも苦手な方でも、とにかく真似しやすくまとめました。ファンの方はもちろんですが、私のことを知らない方にも楽しんでもらえるものになっていますので、ぜひいろんな方に読んでもらいたいです。

オリコン

「SNS」をもっと詳しく

「SNS」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ