追悼・田中邦衛さん 唯一無二だった「不器用で憎めない人間くささ」

4月16日(金)16時5分 NEWSポストセブン

『北の国から』シリーズも記念すべきスタート。あどけなさが残る純と螢をみる顔つきは父そのもの

写真を拡大

 映画『若大将』シリーズやドラマ『北の国から』で人気を博し、日本を代表する名優であった田中邦衛さんが、この世を去った。約65年間もの役者人生で残した数々の作品では、時にバイプレーヤーとして、時に主演として映画・テレビ史に刻む名演技を魅せてくれた。役に入り込む演技力とともにそこには“人のよさ”があふれていた。


「彼ほど純粋で真面目で無垢で、家族を愛した男を知らない。いや、周囲全てをだ」──1981年にスタートしたドラマ『北の国から』を描いた脚本家の倉本聰さんは、田中邦衛をこう偲んだ。田中さんが演じた不器用だけど真摯に子供たちと向き合う父親・黒板五郎は「彼の育った昭和という時代の、いつくしみ、思いやり、倫理道徳の中で、それをかたくなに貫いて生きた絶滅珍種の漢だった」と振り返る。


 1957年に映画『純愛物語』でデビュー。俳優を始める以前、中学の代用教員を務めていた異色の経歴を持つ。そんな彼を俳優としてスターに押し上げたのが、加山雄三主演の青春映画『若大将シリーズ』(1961〜1971年)。


 主演のライバル“青大将・石山新次郎”役でアクの強いキャラクターを好演。キザなドラ息子という役ながら、どこかお人好しな青大将は若大将を引き立てつつも、“主役キラー”といわれるまで人気を得た。共演した加山は「信じられない。今は何も言葉にならない。寂しいよ本当に寂しい」と盟友に惜別のメッセージを寄せた。


 名バイプレーヤーとして活躍していた田中さんだが、そのイメージを一新させたのが映画『仁義なき戦い』(1973〜1974年)。菅原文太さんや梅宮辰夫さんなど銀幕スターたちの中で、“仁義なしの卑怯者”役で独特の存在感を示す。


 転機となったのが約20年にわたって放送された『北の国から』シリーズ(1981~2002年)。真面目で不器用で底抜けの愛情をもって生きる黒板五郎という男は、前出・倉本さんの話す通り“田中さんそのもの”だった。“黒板家の子供”として20年を生きた中嶋朋子と吉岡秀隆は、「天国でもたくさんの人を幸せにしてくださいね」(中嶋)、「自分の覚悟の小ささとあなたの大きな優しさに涙しかありません」(吉岡)と“父”の死を悼む。


 田中さんの人柄を一層輝かせた作品といえば、山田洋次監督の映画『学校』(1993~2000年)だろう。50代になるまで文字の読み書きができないイノさんが夜間中学に通い、必死に勉強し、好きになった先生に送った初めての“ラブレター”は、いまシーンを見返しても色あせないピュアさがある。シャイでお茶目、人を愛し、人に愛された田中さんは作品とともに私たちの記憶に残り続ける。


※女性セブン2021年4月29日号


NEWSポストセブン

「田中邦衛」をもっと詳しく

「田中邦衛」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ