“動く歩道”に乗りながらカエルとウサギの相撲を… 上野で国宝《鳥獣戯画》全巻を一挙に観る

4月17日(土)12時0分 文春オンライン

 日本に国宝は多々あれど(現時点で1100余点が指定されている)、最も人気があるのはコレ! と断言して差し支えなかろう。サルやらウサギ、はてはカエルまでが擬人化されて、コミカルに描かれている巻物《鳥獣戯画》である。


 甲・乙・丙・丁の4巻で構成されるこの「世紀の絵巻物」が、全巻揃いで公開されるという貴重な機会が巡ってきた。


 東京国立博物館で開催中の特別展「国宝 鳥獣戯画のすべて」だ。





わずかな墨の線であらゆる生きものを「あらしめる」


 4巻がまとめて展示されることは過去にあったものの、会期中に巻き替えがおこなわれていたため、作品のすべてを一堂に観ることは叶わなかった。これは日本美術の展示ではよくあること。キャンバスや板などの上に絵具をのせる西洋の油彩画などに比べ、紙や絹といったより繊細な素材を支持体とする日本の絵画は、傷みを避けるため長期間の展示が難しいのだ。


 ところが今回は、展示技術の進展もあって、全巻全場面を会期中ずっと一挙公開できることに。類似の作品すらない唯一無二な国宝の全貌を、丸ごとじっくり味わえるのである。


 会場にはひとつ、大きな工夫が施された。カエルとウサギが相撲をとっていたりと奇想天外な絵柄が続き、全巻中の白眉といえる甲巻の展示ケース前に、いわゆる「動く歩道」が設置されたのだ。


 観客はゆっくりと進む「歩道」に運ばれながら、巻物の各場面を目で追っていくという按配。多くの人が混乱なく、小さい巻物を観られるようにとの配慮だ。ちょっとしたアトラクションみたいで、存外に楽しい。


 動く歩道の上から間近に甲巻を眺めていけば、画面の多彩さに改めて驚く。キツネやトリなどを含め、登場する動物は11種類に及ぶ。それら動物たちは水遊びをしたり法会を開いていたりと、人間の営みを当たり前のように真似ている。その様子があまりに自然なので、こうした遊びや風習はもともと動物たちがおこなっていたものを、人間が真似るようになったのだったかしらと思えてくる。


 そうまで感じさせるのは、どの場面もあまりにリアルに描き出されているから。生きものの生気を、ほんのわずかな筆致で表してしまうこの達筆ぶりは凄まじい。


 しかも、気づけばこの巻物には、彩色が施されていない。墨の線だけで描かれた単色の世界。描線のみによって、これほど豊かな世界を生み出してしまうなんて尋常じゃない。


 描くことの、また描かれたものを観ることの愉しさ、ここに極まれりといった感がある。


謎めいたところがまた魅力的


 甲乙丙丁と通覧してはっきりわかるのは巻ごと、さらには巻の中でも前後半などで、作風がかなり異なっていること。「それぞれの巻を描いたのは、違う人なんだろうな」とは、誰しも感じるところだ。


 おそらくは描いた人も時代もマチマチ。ただ、確かなところは実はわかっていない。《鳥獣戯画》は作者や制作年代、制作意図までのすべてが定かでないのだ。


 これほど有名な絵だというのに、なぜこの動物がこの場面でこんなことをしているのか、何を狙って描かれたのか、まるで判然としないのである。


 とことん謎に包まれた作品だということが逆に、作品の魅力を増大させている面もあるだろう。何も定まっていないからこそ、現代の私たちがこれを観て、動物たちの一挙手一投足に勝手な思いを馳せ、自由な解釈を施し楽しめるのだ。


 ただひとつはっきり認められるのは、あらゆる生きものに温かい視線を注いだり、自然を自分たちと同一視しながら暮らすといった日本人の心性は、《鳥獣戯画》の描かれた大昔(おそらくは平安後期〜鎌倉時代と目されている)からほとんど変わっていないのだなということ。


 日本文化の特性が見事に表れた逸品の全体像、この機にぜひ存分に愛でておきたい。


(山内 宏泰)

文春オンライン

「ウサギ」をもっと詳しく

「ウサギ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ