稲垣吾郎・草なぎ剛・香取慎吾の主演映画が20万人動員を突破

4月17日(火)16時0分 女性自身

女性自身[光文社女性週刊誌]

写真を拡大


4月17日、元SMAP香取慎吾(41)が自身のInstagramを更新。稲垣吾郎(44)・草なぎ剛(43)と共に主演している映画『クソ野郎と美しき世界』の観客動員数が20万人を突破したと報告した。コメント欄ではファンから祝福の声が相次ぎ反響を呼んでいる。


香取はInstagramに「#クソ野郎と美しき世界 観てきた 泣いた 本当にありがとうございます 感謝です 香取慎吾 #20万人突破」と投稿。映画動員数20万人突破を喜びファンに感謝の気持ちを伝えた。


映画『クソ野郎と美しき世界』は2週間限定公開として4月6日に全国86館で封切られ、初日の舞台挨拶では2週間で観客動員数15万人を目指すことを明言。『クソ野郎と美しき世界』の公式ホームページには観客動員数が掲載れており、観客動員数を確認することができるようになっている。


4月13日の公開8日目には、15万人を突破し目標達成となった。現在も動員数を延ばしており、公式ホームページによると15日の時点で20万4,857人となっている。


これに対しファンからは「20万人突破おめでとう!!慎吾ちゃんと一緒に見たかった」「20万人、すごい!私も泣きました!笑いました」「泣いちゃう泣いちゃう。でもね最後の歌ってるとこはずっと笑顔で観てるよ!」と20万人突破を祝うコメントとともに、感動して泣いてしまったことなど映画のコメントが相次いでいる。

女性自身

「香取慎吾」をもっと詳しく

「香取慎吾」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ