坂口健太郎、長谷川京子との対峙シーン「感情を高めて芝居した」

4月17日(火)16時0分 マイナビニュース

俳優の坂口健太郎が、きょう17日に放送されるカンテレ・フジテレビ系ドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』(毎週火曜21:00〜)第2話の見どころを語った。

このドラマは、韓国で数々の賞を受賞したヒューマンサスペンスが原作。プロファイリングの知識を独学で学んだ警察官・三枝健人(坂口)が、謎の無線機を通じて、未解決事件を解き明かしていく。

第2話では、健人と美咲(吉瀬美智子)が、15年前に起きた女児誘拐殺人事件の真犯人・吉本圭子(長谷川京子)に迫る。第1話の終了間際で、逃亡を図る圭子を追い詰めた健人たちだったが、第2話は「時効成立まで、あと20分」と迫る場面からスタート。圭子から自白を引き出したい健人と、何とか時効を迎えたい圭子は、取り調べの中で激しい心理戦を繰り広げる。

坂口は、このシーンを見どころに挙げ、「時間もなく、自供を引きだすために健人が熱くなるシーンでは、現場での緊迫した雰囲気を受けて、自分が想像していたよりも感情を高めてお芝居しました」という。さらに、「まだ警察官としての若い部分や周りが見えていなくて突っ走ってしまう、その若さは出していきたいとは考えていたので、意外と体力を使う撮影でした(笑)」ともいい、「時効成立ぎりぎりでの緊張感や、今後に続いていく新たな未解決事件も、2話では始まっていくので、見応えがあると思います」と自信を語った。

そして、第2話でタイトルにもなっている「未解決事件捜査班」が発足。坂口は「結成したての班だから、チームとしてのまとまりがない。でも、話数を重ねる中で出てくるチーム感の変化と、どのように未解決事件とこのチームが向き合っていくのかを考えながら見ていただければと思います」とメッセージを寄せている。

マイナビニュース

「坂口健太郎」をもっと詳しく

「坂口健太郎」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ