ガンダムF90が完全新規造形でガンプラMGに登場、大河原邦男氏の全面協力による全ミッションパック立体化企画も

4月17日(水)10時23分 マイナビニュース

「機動戦士ガンダム」シリーズのプラモデル「ガンプラ」のマスターグレード(MG)シリーズに、サナリィ(S・N・R・I)による「フォーミュラ計画」にて開発された試作型MS「ガンダムF90」が、バンダイホビーオンラインショップ初の完全新規型で立体化。「MG 1/100 ガンダムF90」(4,320円/税込)として、4月17日13時より予約受付が開始される。

完全新規造形で立体化された「MG 1/100 ガンダムF90」は、26種類に及ぶミッションパックの換装を可能とする全身のハードポイントを再現。バンダイホビーオンラインショップ10周年を記念した企画「F90 A TO Z PROJECT」のベースとなる機体で、今後別売りで展開される各ミッションパックにより、さらなる「F90」の魅力を追求していく。メカニックデザイナー大河原邦男氏の全面協力のもと、未だ明らかとなっていないミッションパックの新たな設定の描き起こしからスタートし、まだ見ぬミッションパックを補完して立体化。「フォーミュラ計画」の真相がひも解かれる。

「MG 1/100 ガンダムF90」では、パーツ分割・成形色による細部の色分けや高密度なディテール造形により、「F90」ならではのヒロイックなスタイルをMG最新フォーマットで徹底再現。上半身フレームに2軸構造、腰部に3軸構造を採用し、表情豊かなポージングが可能に。ハッチの展開ギミックにより、コックピットハッチオープン状態を再現できる。「F90」専用のビーム・ライフル、シールドのほかビーム・サーベルが付属。

(C)創通・サンライズ

マイナビニュース

「ガンダム」をもっと詳しく

「ガンダム」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ