花澤香菜、日本人女性ソロシンガー初の上海・メルセデスベンツアリーナ公演

4月17日(水)8時30分 マイナビニュース

声優としてはもちろん、アーティスト、ヴォーカリストとして音楽活動でも才能を発揮し続ける花澤香菜が、自身初となる海外公演を敢行。4月14日(日)に日本人女性ソロ・アーティスト初の中国・上海メルセデスベンツアリーナ公演「KANA HANAZAWA Concert 2019 in SHANGHAI」、4月12日(金)には広州体育館2号館での公演を開催した。

出演アニメ作品やキャラクターソング「恋愛サーキュレーション」が中国国内のTikTokで使用され大人気となっている花澤香菜。昨年末、北京テレビでの大晦日特別番組「2019 BTVユニバーサル年越し雪と氷の祭典」でも日本人アーティスト唯一スペシャルゲストとして出演。出演時の視聴率も高く、大きな注目を集め、中国のファンの熱い要望を受けて、待望の中国でのワンマン公演が実現した。

今回の公演は先々月にリリースされたニューアルバム『ココベース』収録曲や今までのシングル曲を歌い、花澤香菜本人も中国語を勉強していてMCでも中国語を披露。さらには中国の大ヒット曲であるジェイ・チョウの「告白気球」をカバー。アンコールでは中国での大人気曲「恋愛サーキュレーション」ほかを歌唱し、各会場共に待ちに待った中国のファンの心を掴み、熱量の高い声援を受けた。

今週末21日(日)には凱旋公演となる、現在開催中の全国コンサートツアー「KANA HANAZAWA Cocert Tour 2019 -ココベース-」の仙台公演、来週末の27日(土)は大阪公演、29日(月・祝日)は東京公演(ツアーファイナル)を開催する。各詳細は公式サイトにて。

マイナビニュース

「花澤香菜」をもっと詳しく

「花澤香菜」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ