黒い二宮和也「自分の役が死んだら休みになるのに」

4月17日(火)6時35分 日刊スポーツ

舞台あいさつで笑顔を見せる左から加藤浩次、葵わかな、二宮和也、竹内涼真(撮影・鈴木みどり)

写真を拡大


 嵐の二宮和也(34)が16日、都内で行われたTBS系主演ドラマ「ブラックペアン」(22日スタート、日曜午後9時)のプレミアム試写会に出席した。一匹おおかみの天才外科医を演じる。竹内涼真(24)葵わかな(19)ら旬の共演陣ととも白衣姿で登場した。
 タイトルにちなんで、「自分のブラックな一面」を聞かれた。「ドラマや映画に出たいと思いながら常に過ごしていて、出るのが決まったらうれしいんですけど、いざ撮影に入って時間が過ぎていくと、『早く終わらないかな』『今、自分の役が死んだらこのまま休みになるのに』って逆のことを思っちゃいます」と告白。数分オンエアする手術シーンの撮影に約10時間を費やすなど、ハードな日々が続いているという。「今回は本当につらい!」と打ち明け、笑いを誘った。
 竹内は自身のブラックな一面について「年下に対しては強気でいく」と明かした。出席者の中で唯一年下の葵のトークに対して「そんなんじゃないじゃん!」とダメ出しする一幕も。二宮から「この2人は現場でいつもバチバチしている」と明かされると、葵も「私がじゃないですよ。一方的です!」とムキになって反論。重いテーマになりがちな医療ドラマだが、和気あいあいとした雰囲気で撮影が進んでいるようだ。【横山慧】

日刊スポーツ

「二宮和也」をもっと詳しく

「二宮和也」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ