AKB48選抜総選挙、開催地は3都市に絞られる

4月17日(火)18時44分 日刊スポーツ

第9回AKB48選抜総選挙開票イベントが行われた豊見城中央公民館(2017年6月17日撮影)

写真を拡大


 6月16日に行われるAKB48の第10回選抜総選挙の開票イベントの開催都市候補が3都市に絞られ、17日YouTubeで最終候補が発表された。
 会場候補は、名古屋市のナゴヤドーム(3万人収容)、福岡・北九州市の北九州メディアドーム(1万2000人収容)、大分・別府市の別府国際コンベンションセンター(8000人収容)で、各都市の関係者がプレゼンをする様子が配信された。総選挙の開催都市は10回目で初の公募制となり、数万人規模の収容スペースがある屋根付きの会場がある都市、観客の輸送手段があることなどが条件として出されていた。これに対し、国内外から105件の応募があり、約1カ月のリサーチの結果、3都市に絞られていた。
 開催都市は、18日深夜1時放送のニッポン放送「AKB48のオールナイトニッポン」の番組内で発表される。

日刊スポーツ

「都市」をもっと詳しく

「都市」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ