山本耕史が2人の共演女優に「本性が分からない」

4月17日(火)16時17分 日刊スポーツ

会見に出席した左から早見あかり、山本耕史、野々すみ花

写真を拡大


 俳優山本耕史(41)が17日、都内のNHKで、主演するBSプレミアム時代劇「鳴門秘帖」(20日スタート、金曜午後8時)の会見に共演の野々すみ花早見あかりと出席した。
 幕府転覆計画を記したとされる鳴門秘帖をめぐる争いに巻き込まれた美剣士の戦いを描く。山本は「最初、題名を聞いた時、鳴門市長さんの話かと思った。鳴門市長と聞こえる瞬間があるので気を付けている」と笑った。共演の2人の女性について、みんな本来の自分と遠い役をやっている気がすると語ると「女優さんは本性が分かるようで分からない。すごい」と語った。
 明るい性格の女スリを演じる野々すみ花は「元々、それほど明るい人間じゃないので苦労しながらやっています」。主人公の婚約者を演じ、殺陣に初挑戦した早見は「山本さんは私の殺陣の先生。頼りがいのある座長。格好いい」と語った。

日刊スポーツ

「共演」をもっと詳しく

「共演」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ