トレッドストーン計画の起源とは…『ジェイソン・ボーン』新ドラマ進行中

4月18日(水)19時30分 クランクイン!

『ジェイソン・ボーン』シリーズの世界観を受け継ぐ新ドラマ企画が進行中(※『ジェイソン・ボーン』(16)場面写真)(C)AFLO

写真を拡大

 2002年の『ボーン・アイデンティティー』に始まった俳優マット・デイモンの代表的なスパイアクション映画『ジェイソン・ボーン』シリーズ。その世界観を受け継ぐ新ドラマのパイロット版を、米ケーブル局USA Networkが制作するという。 マット演じるジェイソン・ボーンは、CIAの洗脳プログラム「トレッドストーン計画」で誕生した元CIA暗殺工作員(スリーパー)。彼は例外的な道をたどったが、普通のスリーパーは極度の洗脳によって別の身分となって世界各国に潜伏。命令が下ると何の疑問も持たずに暗殺に取りかかるようにプログラムされている。

 COMINGSOON.NETによると、ドラマはこのトレッドストーン計画の起源と、このプログラムによって誕生した別のスリーパーたちが世界各国でミステリアスに“覚醒”し、決死の任務に就く姿を描くという。

 海外ドラマ『HEROES/ヒーローズ』シリーズのティム・クリングが、脚本と製作総指揮を務めるとのこと。映画シリーズの4作目『ボーン・レガシー』と2016年の『ジェイソン・ボーン』の製作を務めたベン・スミスが、製作総指揮に名を連ねる。パイロット版の監督は映画『ドリーム ホーム 99%を操る男たち』のラミン・バーラニが務める。キャストに関しては続報に注目したい。

クランクイン!

「ドラマ」をもっと詳しく

「ドラマ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ