井戸田潤が安達祐実に怒る「娘が片親引き離し症候群になる」

4月18日(金)16時0分 NEWSポストセブン

 4月3日にスタートした新ドラマ『トクボウ 警察庁特殊防犯課』(日本テレビ系)や、前クールの『明日、ママがいない』(日本テレビ系)に出演し、女優として絶好調な安達祐実(32才)。


 そんな安達に対して、怒りを露わにするのが前夫のスピードワゴン・井戸田潤(41才)だ。3月14日に出演したラジオ番組でこう明かしている。


「私みたいに、愛する娘からチョコをもらったにもかかわらず、いろいろな都合でホワイトデーにお返しできない」


 井戸田曰く、愛娘(8才)に会うには、安達から突きつけられている厳しい条件をクリアしなければならないという。


●週末じゃなければならない。

●その週末に井戸田のスケジュールが空いている。

●その週末に安達にはスケジュールが入っている。


 この3つの条件が揃うことはかなり難しく、井戸田はなかなか娘に会えないというのだ。 2009年1月に離婚したふたり。当初は井戸田が復縁を熱望、そして2011年9月には再同居を始め、お互いが協力し合って娘を育てていただけに、井戸田は不信感を募らせているのだという。


 2012年5月、同居を解消して再び別々に暮らし始めた安達と井戸田。現在、彼女と娘は群馬県に住む親戚と一緒に暮らし、仕事のときには彼女だけが上京するというスタイルを取っている。


「群馬で親戚に頼むなら、“父親であるオレに頼めばいいだろ!”というのが井戸田さんの本音のようです。しかも、少し前に会ったときに、娘さんが『パパ』ではなく、『潤さん』と呼ぶようになったようで、ショックを受けていました。安達さんが“新恋人のことを『パパ』って呼ばせているのかも?”とも言ってましたね。そして、“このままじゃ、娘が片親引き離し症候群になっちゃう”と心配していました」(井戸田の知人)


 井戸田が危惧する“片親引き離し症候群”とは? 大正大学人間学部臨床心理学科・青木聡教授が言う。


「片親引き離し症候群とは、子供が片方の親から、悪口などを聞かされたり、交流を断絶されることで、もう片方の親との交流を拒絶するようになることです。虐待やDVといった正当な理由もなく、片親から子供を引き離して育てると、子供の精神発達に自己肯定感の低下やアイデンティティーが確立できないなどの悪影響が出てきます。ですから、両親が離婚しても、子供には自由に両方の親と会えるような状況を整えてあげなければならないのです」


※女性セブン2014年5月1日号

NEWSポストセブン

「井戸田潤」をもっと詳しく

「井戸田潤」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ