『メイズ・ランナー』、シリーズの全てがわかる特別映像到着

4月19日(木)8時43分 クランクイン!

特別映像「2分でわかる『メイズ・ランナー』」より(C) 2018 Twentieth Century Fox Film

写真を拡大

 全世界累計興収10億ドル(約1071億円)を突破した『メイズ・ランナー』シリーズ。完結編となる最新作『メイズ・ランナー:最期の迷宮』の公開を前に、これまでのシリーズの復習にぴったりな特別映像“2分でわかる『メイズ・ランナー』”が公開された。 絶えず変形する謎の巨大迷路(メイズ)に閉じ込められた若者たちの運命をスリリングに描いたSFサバイバルアクションである本シリーズ。これまで巨大迷路<グレード>を3年がかりで攻略し、脱出した主人公たちは、灼熱の砂漠で凶暴化した伝染病感染者<クランク>と闘いながら決死のサバイバルを経験してきた。

 シリーズのエッセンスを凝縮した特別映像は、猛スピードで上昇するエレベーターのシーンからスタート。主人公のトーマス(ディラン・オブライエン)が、ギャリー(ウィル・ポールター)やニュート(トーマス・ブローディ=サングスター)らの仲間となる様子、そして立ちはだかる迷路の秘密を探る「ランナー」として、何度も迷路に足を踏み入れる姿を映し出す。俊足ランナーのミンホ(キー・ホン・リー)やテレサ(カヤ・スコデラリオ)らとともに脱出に成功したトーマスたちだが、彼らを待ち受けていたのは、秘密組織WCKDの研究者エヴァによる「これから実験は第二段階よ」というメッセージだった。

 再び拘束されたトーマスたちは、フレアという感染病の治療薬のために、自分たちが実験台にされるという衝撃的な事実を知らされる。彼らは他の迷路から来た若者たちと共に脱走に成功するが、彼らの前には灼熱の砂漠が出現。フレアに感染し、脳も冒されたクランクという人間たちが次々と襲来する中、逃亡を続けるトーマスたちは、ブレンダ(ローサ・サラザール)に案内されてWCKDに対抗するレジスタンス集団ライト・アームと合流する。しかし、クランクとの激しい戦いでブレンダは深い傷を負い、予期せぬテレサの裏切りによって、トーマスたちをWCKDが急襲。ミンホが攫われてしまう。

 最新作では、攫われたミンホを救い出すため、そしてすべての謎を解き明かすために、トーマスと仲間たちは、最期のメイズに挑む。巨大迷路、灼熱の砂漠を遙かに凌ぐ難攻不落のラスト・シティを前に、トーマスと仲間たちはどんな闘いを挑むのか。これまでは試練を“与えられた”彼らが、自ら試練に“身を投じる”ことになる姿に注目だ。

 映画『メイズ・ランナー:最期の迷宮』は6月15日より全国公開。

クランクイン!

「メイズ・ランナー」をもっと詳しく

「メイズ・ランナー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ