ミス沖縄の笑顔に癒された 「島ぜんぶでおーきな祭 第11回沖縄国際映画祭」開幕

4月19日(金)23時13分 J-CASTニュース

(写真左から)司会の木佐彩子さん、木村祐一さん、「ガレッジセール」川田広樹さん、ゴリさん

写真を拡大

沖縄の春の風物詩「島ぜんぶでおーきな祭 第11回沖縄国際映画祭」が今年も開幕した。

初日となる2019年4月18日には、オープニングセレモニー&オープニングパーティーがANAクラウン プラザホテル沖縄ハーバービュー(那覇市)で行われた。



映画にスポーツ、アートとバラエティー豊富なイベント


同式典には、那覇市長の城間幹子氏、吉本興業会長・大崎洋氏などが参加。11回まで回を重ねることができた喜びや、続けることの意義、地域貢献の重要性などを語った。


司会を務めたのは、フリーアナウンサーの木佐彩子さん、お笑い芸人の木村祐一さん、お笑いコンビ「ガレッジセール」の二人だ。乾杯の発声は落語家の桂文枝さんが行い、華やかなパーティーが催された。さらに、会場にはミス沖縄も登場し、にこやかな表情で会場を和ませていた。



「島ぜんぶでおーきな祭 第11回沖縄国際映画祭」は、4月21日まで、沖縄県内各所で催される。映画上映はもちろん、ステージパフォーマンスや、スポーツ、講演、アート、SDGs(持続可能な開発目標)関連などバラエティーに富んだイベントが行われる。


詳しくは、専用サイトから。

J-CASTニュース

「沖縄国際映画祭」をもっと詳しく

「沖縄国際映画祭」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ