コロナ識者に「おちゃらけ質問」 場違いなボケ?「アッコにおまかせ」出演芸人のノリに賛否

4月19日(月)16時0分 J-CASTニュース

2021年4月18日に放送された「アッコにおまかせ!」(TBS系)に出演したお笑いコンビ「ニューヨーク」のトークに、「ふざけていい話題ではない」といった苦言が視聴者から噴出した。

この日、番組では新型コロナウイルスについてスタジオでパネルを使いつつひな壇形式でトークを進行。加え、出演者たちの疑問に答えるべく、専門家枠として長野保健医療大学の北村義浩特任教授がリモートで出演した。

問題になったのは、ニューヨークの2人が北村教授に対し、場違いな質問でボケようとしたためだ。

「先生、次、来てくれへんよ!」「普通の含み笑いじゃないよ!」

コーナー序盤、緊急事態宣言解除後に大阪府でコロナが再拡大していることについての話題の最中、進行係を務めるTBSの小林廣輝アナウンサー(27)から質問を促されたニューヨークの屋敷裕政さん(35)は唐突に、「先生、あの、ファーストキスの年齢と場所ってどこですか?」と質問。明らかに場違いな一言だったが、屋敷さんから質問が放たれたということで、画面は中継先の北村教授のものに切り替わった。

これに対し、北村教授は体を傾け、「ズッコケ」の意を表明。テレビに出ることを生業としていない北村教授が「ズッコケる」というファインプレーを見せたこともあり、司会の和田アキ子さん(70)から、「先生、次、来てくれへんよ!」と屋敷さんへのツッコミが入ることで何とかスタジオ内と中継先の雰囲気は回復したのだった。

なお、北村教授はズッコケる際、それまでの表情は実穏やかな笑顔だった一方で、体を傾けている最中は、やや「必要以上」とも思える笑顔に。その目尻には多数のしわが寄っており、明らかに通常の笑みとは印象が違うものだった。このため、和田さんからは「普通の含み笑いじゃないよ!」と、さらなる屋敷さんへのツッコミが放たれたのだった。

北村教授の表情は再度...

その後、コーナーは何事もなかったかのように、つつがなく進行していったが、再び空気がおかしくなったのはコーナー終盤。高齢者へのワクチン接種が始まったという話題が一段落した際に、小林アナから質問を促されたニューヨークの嶋佐和也さん(34)は北村教授に対し、「先生、あの、足のサイズは(いくつですか)?」と唐突に質問したのだった。

すると、北村教授の表情は先程のような、やや違和感のある「必要以上の笑顔」に再び転換。再度スタジオと中継先が微妙な雰囲気になる中、和田さんが「東京に来ないで!」と、東京都の小池百合子知事が4月16日に記者会見で使ったフレーズを用いてその場違いな質問をたしなめると、北村教授の表情は元に戻ったのだった。

これら、今回のニューヨークの質問に対しては、視聴者から「ニューヨーク調子に乗りすぎ!先生をなんだとおもってるんだ!」といった声が続々。また、その一方で、「本当にニュースを見たい方は、専門家のみのニュース番組を見るべきだと思います」としつつ、「ニューヨークさんは悪くないと思います」といった声が上がるなど、賛否が噴出する事態となっている。

(J-CASTニュース編集部 坂下朋永)

J-CASTニュース

「アッコにおまかせ」をもっと詳しく

「アッコにおまかせ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ