黒川智花「お芝居に圧倒されました」- 安達祐実との共演語る

4月19日(木)9時0分 マイナビニュース

女優の黒川智花が、19日放送のテレビ朝日系ドラマ『警視庁・捜査一課長 season3』(毎週木曜 20:00〜)第2話にゲスト出演し、"第一の容疑者"を演じる。

このドラマは、内藤剛志演じる400人以上の刑事を統率する捜査一課長・大岩純一が、部下とともに難事件に挑んでいくもの。

黒川は殺害された被害女性の部下であり、新婦の同僚でもある社員・立花美穂を演じる。最有力容疑者とされた立花は、刑事の谷中萌奈佳(安達祐実)から取り調べを受ける。

黒川は「取り調べのシーンで、じわじわと迫ってくる安達さんのお芝居に圧倒されました。見つめ合ったときは、吸い込まれそうなほどの綺麗な瞳にドキっとしました」と安達との共演を振り返った。また主演の内藤については、「しっかり向き合って良き方へと導いてくれる洞察力と優しい包容力に溢れているイメージで、魅力的だと思いました」と語った。

また立花を演じるうえでは、「おっとりして見えるのですが、実は大きな愛を内に秘めている…。そんな芯の強さを伝えられたらと思って演じました」と明かし、「散りばめられた違和感から少しずつ真実に近づいていく一課長たちの姿は必見です。また、一途でまっすぐな美穂の未来とは…!? ぜひ注目して頂けたらと思います」と見どころを語った。

マイナビニュース

「安達祐実」をもっと詳しく

「安達祐実」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ