ディーン、過酷な拷問シーンに初めての「降参」 "復讐"に理解も

4月19日(木)17時0分 マイナビニュース

歌手で俳優のディーン・フジオカが、きょう19日にスタートするフジテレビ系ドラマ『モンテ・クリスト伯—華麗なる復讐—』(毎週木曜22:00〜 ※初回15分拡大)の見どころを語った。

このドラマは、ディーン演じる柴門暖が、冤罪で地獄に突き落とされた環境から這(は)い上がり、自らを陥れた者たちへ復讐していく物語。初回放送を前に、19日は『めざましテレビ』から情報番組への出演などに大忙しだが、「朝、早いのは全然大丈夫ですよ。ドラマの収録の方がもっと早くから始まったりしますからね」と語る。

そんなディーンが、第1話の収録で一番印象深かったのは、異国の地で囚われの身となった暖の拷問シーンだったとのこと。「(囚人の)シーンは、本当に全身真っ黒でした。拷問シーンでは、あまりにきつくて初めて自分からタップアウト(降参)して撮影を止めてしまったぐらいです(笑)」という。

その経験は、ドラマのテーマの1つである"復讐"についての考え方までが少し変わったぐらいだそう。「今でも復讐は良くないと思っています。でも、暖の経験を演技として追体験してしまうと、彼が復讐に走ってしまうのも仕方ないのかな?と、思えてしまいました。これはきっと僕だけでなく、見てくださる方みなさんに共感いただけると思います」と話した。

この過酷な牢獄でのシーンは、第1話から第2話にまたがって放送される。

さらに、「暖もそうですが、人間として禁断の一歩を踏み出してしまう様子が、ひとりひとりのキャラクターでそれぞれ描かれます。魅力的な出演陣が演じるので、存在感やキャラクターの業の深さも見どころです」と予告。「本来、人が越えてはいけないようなことを、登場人物たちはあっさりと乗り越えてしまうんです」と、意味深なコメントも残した。

そして、「どんな年代の人でも楽しめる作品になっていると思います。ぜひ、リアルタイムでご覧ください!」と呼びかけている。

(C)フジテレビ

マイナビニュース

「復讐」をもっと詳しく

「復讐」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ