「令和」初のウルトラマンはタロウの息子「ウルトラマンタイガ」

4月19日(金)16時44分 おたくま経済新聞


 「ウルトラマンシリーズ」の最新作「ウルトラマンタイガ」が、7月6日からテレビ東京系6局ネットで放送を開始されることが4月18日に発表されました。「ウルトラマンタイガ」は、ウルトラマンタロウの息子で、今作では主人公の工藤ヒロユキが、「タイガ」「タイタス」「フーマ」の複数のヒーローに変身するという、シリーズ初の展開となっています。



 ウルトラマンタイガは、本心では父親であるタロウに認めてもらいたいと思っているが、素直になれない部分もある正義感が強い熱血タイプ。ウルトラマンタイタスは、ヒロユキの中に宿る第二のウルトラマンで、光の国とは別のウルトラの星U40の戦士にして賢者。鍛え抜かれた肉体と健全な精神を持つ好漢で、そのパワーを生かした重量級の戦いが得意。ウルトラマンフーマは、ヒロユキの中に宿る第三のウルトラマンで、ウルトラマンオーブが光の戦士となる力を授かった惑星O-50出身。素早い身のこなしや多彩な技を持ち、スピード戦法が得意。



 そして、「ウルトラマンタイガ」の主人公は、宇宙人が絡む事件も業務内容に含まれる民間の警備組織「E.G.I.S.(イージス)」に就職し、日夜平和のために働いている工藤ヒロユキ。心優しく正義感の強い若者で、子供の頃に宇宙人に襲われたところを、偶然地球に行き着いたウルトラマンタイガの光に救われた経験を持つ。その後、ごく一般的な家庭で健全に育つが、彼の体内には、ウルトラマンタイガの“光の粒子”が宿っているという、本人も知らない秘密が……。物語が進む中で、タイタスやフーマといったウルトラマンにも出会い、彼らとバディーになっていく。「人間」「宇宙人」「ウルトラマン」と、異なる種族の架け橋になる存在へと成長していく主人公から、今後いったいどんな物語が始まるのか?今から楽しみですね。



 主人公の工藤ヒロユキを演じるのは、2017年にホリプロタレントスカウトキャラバンで審査員特別賞を受賞した井上祐貴さん。役が決まった時、嬉しさと同時に「ずっと憧れていたカッコいいウルトラマンに今度は自分がなるんだ!」という強い気持ちが湧いたという井上さんは、「新入社員工藤ヒロユキという役どころは、俳優としてデビューしたばかりの僕自身と共通する部分が沢山あり、先輩方の力もあってどんどん自分と同化してきているような気がします」と話し、「大人になっても沢山の人の心の中に残り続けるウルトラマンタイガになれるよう、一生懸命頑張ります」と、意気込みを力強く語っています。

「令和」初のウルトラマン「ウルトラマンタイガ」は、テレビ東京系6局ネットで、7月6日午前9時からスタートです。

(c)円谷プロ (c)ウルトラマンタイガ製作委員会・テレビ東京

情報提供:株式会社円谷プロダクション

(佐藤圭亮)

おたくま経済新聞

「ウルトラマン」をもっと詳しく

「ウルトラマン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ