「キングオブいらんことしい」の1歳息子に母嘆き…想定外の珍事件の数々にフォロワー爆笑

4月19日(月)7時30分 オリコン

インスタで1歳の息子さんの様子を描いたエピソード「キングオブいらんことしい」(画像提供:nao)

写真を拡大

 Instagramを中心に子育て絵日記を投稿しているnaoさん。幼い姉弟による珍エピソードが人気。水を全く怖がらない1歳の息子さんがママの目を盗んで蛇口から直飲みする様子には「うちと同じ」「かわいすぎて大好き」とコメント欄が盛り上がった。naoさんに育児イラストを描き始めたきっかけや、お子さんと過ごす日々について聞いた。

■破天荒ボーイ&お調子者ガールの目が離せない姉弟

——はじめに、家族構成とお子さんの特徴を教えてください。

【naoさん】旦那、私、娘と息子の4人家族です。3歳の娘はお調子者だけど、しっかりしたお姉ちゃん。1歳の息子は怖いもの知らずな破天荒ボーイです。

——息子さんのお風呂で蛇口から水を直飲みエピソードは大きな反響がありましたね。これ以外にも「キングオブいらんことしい」行動はありますか?

【naoさん】人のごはん茶碗をこっそり取って、米粒まみれになっていたとか。スティックシュガーを家のありとあらゆる隙間に隠していたことですかね…。

——それはまさにいらんことですね(笑)。娘さんの「ボケもツッコミもできる3歳児」話もおもしろかったです。寝る前のおしゃべりタイムが楽しそうですが、娘さんとはいつもどんなお話をしていますか?

【naoさん】かなりの確率で私に指輪を買うか、お花を買う話をしてくれます。謎です。

——投稿には多くのいいねやコメントが付いています。SNSで発信を続けていてよかったと思うことは?

【naoさん】例えば、「しんどい!」とか「どうしたらいいのー!」とか悩んでいる時に、そのことを投稿すると「うちもです!」と共感コメントももらったり、アドバイスをいただけたりします。「1人じゃないんだなぁ、皆さん頑張ってるんだなぁ」と安心したり、助けていただけたりした時にやっててよかったなと思います。

■将来子どもたちが絵を見てほっこりしてほしい

——3歳と1歳のお子さんを育てながら絵日記を更新するのは大変かと思います。どの時間帯に描いていますか?

【naoさん】子どもを寝かしつけてからです。ラジオを聴いたりしながら、1人の時間を過ごせる唯一の時間になっています。

——お子さんたちの成長をイラストで描き始めたきっかけは?

【naoさん】娘が5ヵ月くらいになった時、育児にも慣れてきて自分の時間を過ごしたいなぁと思いました。絵を描くのが子どもの頃から好きだったので、絵で子どもの記録が残せたら…と描き始めたのがきっかけです。その頃からSNSで投稿を始めたので、ちょうど丸3年くらい投稿をしています。

——イラストを描くうえで工夫していることはなんですか?

【naoさん】今描いている絵は、最終的に子どもたちが大きくなった時に見せたいんですが、その時に絵を見てほっこりできるような、あったかい雰囲気のイラストを意識しています。あと、文字を少しでも綺麗に…(笑)。

■子どもたちのイチャイチャを見るのが幸せ

——最近のお子さんたちの様子で、成長を感じたことはありますか?

【naoさん】娘は、弟が生まれてからすごくお姉ちゃんを頑張ってくれています。服を着せてくれたり、本を読んであげたり、心配になるくらい頑張っているので、娘を思いっきりハグする時間を大事にしています。

——優しいお姉ちゃんであることが、投稿からも感じます。1歳半になる息子さんはどうですか?

【naoさん】息子も最近少しずつ話ができるようになってきたので、大きくなったなぁと感じています。

——今、子育てで一番悩んでいることは?

【naoさん】夜通し寝たくて夜間断乳をしたのですが、息子が1、2回必ず起きることです。娘は8ヵ月くらいから朝まで寝ていたので、その感覚でいるとつらくなる時があります(笑)。子どもによって寝る子・寝ない子それぞれなのは分かっていますが、朝まで寝たいと思ってしまいます…。

——毎晩お疲れ様です。そんなnaoさんが癒される時間はありますか?

【naoさん】子どもたちがイチャイチャしているところを見ると、幸せだー!!!! と心の底から思います。あと子どもたちが寝た後、ラジオを聴きながら絵を描く時間も、1人で過ごせる大事な時間で気持ちがリセットされます。

——最後に、今後の目標があれば教えてください。

【naoさん】子どもたちの日々の成長を見逃さないように、絵日記をコツコツ続けていきたいです。そして、今年こそLINEスタンプを作りたいです! お仕事も、お待ちしております。

オリコン

「息子」をもっと詳しく

「息子」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ