新紙幣の新札をイチ早く手に入れるための裏技

4月19日(金)11時0分 NEWSポストセブン

新千円札のイメージ(時事通信フォト)

写真を拡大


 新元号に続いて発表され話題となった新紙幣。一万円札は渋沢栄一、五千円札は津田梅子、千円札は北里柴三郎となったが、「なぜこの人選?」「なぜ今発表」などの声もネットでは上がった。1.6兆円もの経済効果をもたらすといわれ、財務省が“国家機密”とする「新日本銀行券の謎」に迫る。


●一番先に新札を手に入れるには?


 新しいものが出回れば、少しでも早く手に入れたいと思う人は多い。大蔵省印刷局のOBで『紙幣肖像の近現代史』(吉川弘文館)の著書もある植村峻氏が語る。


「新札は、国立印刷局が印刷して、まず日本銀行に運ばれる。発行日当日までに全国の日銀支店から各銀行の支店やATMなどにもお札が補充されますが、発行日には大行列ができるかもしれません。


 そこで、裏技があります。日銀の本店や支店に行くことです。一般的には個人のお札の交換には応じないと思われていますが、実は旧紙幣を持っていけば新紙幣と交換してくれます」


 


 では、旧紙幣はいつまで使えるのか。


「戦後に発行されたお札は1円未満のお札を除き、基本的に全て今も使えますが、新札が発行されたあと、旧札は市中銀行から日本銀行に戻ってきた時点で回収されることになる。だいたい2年ほどで新札に入れ替わることになるようです」(財務省担当者)


 2024年をめどに発行される新札。たくさん出会える立場になりたいものだ。


※週刊ポスト2019年4月26日号

NEWSポストセブン

「新紙幣」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「新紙幣」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ