桂文我と桂梅團治 対照的な個性の上方落語を東京で満喫

4月19日(金)16時0分 NEWSポストセブン

桂文我と桂梅團治の魅力を解説

写真を拡大

 音楽誌『BURRN!』編集長の広瀬和生氏は、1970年代からの落語ファンで、ほぼ毎日ナマの高座に接している。広瀬氏の週刊ポスト連載「落語の目利き」より、桂文我と桂梅團治、対照的な個性を持つ上方落語を東京で満喫できる二人会についてお届けする。


 * * *

 3月14日、上方落語の桂文我と桂梅團治が22年前から東京で年に1回開いている二人会を観るために、国立演芸場に出掛けた。


 文我は1979年3月に桂枝雀に入門、今年で芸歴40年。落語の歴史に造詣が深く『落語「通」入門』という著書もある研究家肌の演者で、持ちネタも豊富。この日は他の噺家があまり高座に掛けない『後家殺し』『田舎芝居』をネタ出ししていた。


 1980年4月に三代目桂春團治に入門した梅團治は芸歴39年。「鉄道好きの落語家」として有名で鉄道落語も創作している。この日のネタ出しは『天災』と『はてなの茶碗』。


 若手の林家染吉が『動物園』を演じた後、まず梅團治が『天災』を。江戸落語の演目だが、桂ざこばが演り始めて以来、上方でも広まっている。梅團治は心学を教わる短気な男の粗暴さを楽しく描いて大いに笑わせた。明るく骨太な梅團治の芸風に『天災』はよく似合う。


 文我の1席目は『後家殺し』。上方の二代目桂三木助から教わった六代目三遊亭圓生が江戸落語として演じたが、今では東京でも上方でもほとんど演り手がいない。


 素人浄瑠璃の上手さが縁で美人の後家といい仲になった男が、嫉妬した友人の「若い男と浮気してる」という嘘を真に受けて女を殺してしまい、死罪となる。奉行に「申し残したいことはないか」と訊かれた男が残された家族への想いを浄瑠璃の調子で語ると、奉行ハタと膝を叩いて「後家殺し!」(浄瑠璃への褒め言葉)でサゲ。圓生よりもずっとコンパクトな構成で聴きやすく、演じ方も軽快なので後味もいい。


 後半、対談を挟んで文我が演じた『田舎芝居』は、埋もれていた噺を彼が掘り起こしたものだ。


 一昨年から豊年祭りで素人芝居を始めた村。初年の失敗に懲りて去年は江戸から役者を呼び『四谷怪談』をやった。今年は上方から役者を呼んで『忠臣蔵』を大序から六段目まで。ところが四段目で腹切り場を作る諸士が出てこない。諸士役4人は五段目の猪役の男と酒盛りの真っ最中。


 急遽諸士の代役を頼まれた男が「諸士」を「猪」と聞き違えて乱入し、判官を追いかけ回した。面白いと大喜びする観客の中で、一人が大いに感心して「赤穂の猪(志士)は義理堅い、殿様に暇乞いに来た」と呟いてサゲ。村人たちのトボケた会話が実に可笑しい爆笑編だ。


 最後は梅團治が桂米朝の名演でお馴染み『はてなの茶碗』をダイナミックに演じた。押しの強い油屋のキャラが梅團治にピッタリだ。対照的な個性の達者な演者2人による上方落語を満喫できる贅沢な会だった。


●ひろせ・かずお/1960年生まれ。東京大学工学部卒。音楽誌『BURRN!』編集長。1970年代からの落語ファンで、ほぼ毎日ナマの高座に接している。『現代落語の基礎知識』『噺家のはなし』『噺は生きている』など著書多数。


※週刊ポスト2019年4月26日号

NEWSポストセブン

トピックス

BIGLOBE
トップへ