小室圭さん 覆せぬ「祝福されない空気」、待ち受ける窮屈な結婚生活

4月19日(月)16時5分 NEWSポストセブン

結婚できたとしても前途多難の様相(時事通信フォト)

写真を拡大

 秋篠宮家の長女・眞子さまの婚約内定者である小室圭さんが4月8日、28ページにわたる文書を発表した。この文書では、小室さんの母・佳代さんと元婚約者Aさんとの金銭トラブルについて釈明している。


 報道では、佳代さんが元婚約者Aさんから借りた金銭を返済していないとされているが、“小室文書”ではAさんが「返してもらうつもりはなかった」と発言したと説明されている。さらにその発言の録音が存在していることも明らかにした。


 また、文書では受け取った金銭を返すつもりはないと主張していながらも、その後、解決金で事態を収める意志があることを表明した。


 異例の文書発表と、その内容を覆す「解決金」の意志表明に、ネット上での風当たりは強い。


「眞子さまと小室さんとの結婚について、ネット上では反対意見が圧倒的に多い状況がずっと続いています。小室さんが釈明してもその風向きが変わることなく、むしろ批判は強まるばかり。今回の文書においては、“借金ではない”と強く表明したこと、そして証拠となる“録音データ”が存在していたことについて、反感を覚えたという意見が多いですね」(ネットメディア関係者・以下同)


 眞子さまと小室さんの結婚の大きな障壁となっている佳代さんの金銭トラブル。ネット上では“お金の問題”に対する反発は根強い。


「眞子さまと小室さんが結婚した場合、1億5000万円ほどの結婚一時金が支給されます。これは国のお金、つまり税金から支払われる形であり、“自分たちのお金が小室さんに行くのはイヤだ”と考えるネットユーザーが多いということでしょう。もちろん、そういった意見をネット上で発信しているのは一部の人なので、誰もがそう思っているわけではないのですが、そういう意見が目立っているのは事実であり、その結果“祝福されない空気”が形成されてしまった。この空気を覆すのは簡単なことではないと思います」


 結婚一時金を辞退すれば、ネット上の空気も変わるのだろうか?


「ネット上の意見を見ていると、“小室さんが一時金のために結婚しようとしているのではないか”と捉えているネットユーザーもいるようです。そういった人々を納得させるには、一時金の辞退はひとつの手ではあると思います。しかし、ネット上で一旦批判の対象となってしまうと、どんなことがあっても許されない、というパターンも多い。小室さんが、金銭トラブルを解決し、さらに一時金を辞退したとしても、果たして批判の声が収まるかといえば、そういうわけではなさそうですね」


 もしも、問題が解決し、結婚したとしても、その後の生活は窮屈なものとなってしまいそうだ。


「これだけ大きな騒動になってしまったので、眞子さまが皇室から離れて一般人になったとしても、マスコミからは注目され続けるはずです。もちろんセキュリティーがしっかりした高級マンションなどで暮らすこととなるでしょうが、“税金で家賃を払っている”などと言われかねない。また、海外で生活するのではないかとも言われていますが、それでも“海外まで行って、警備に税金を使うのか”と批判されてしまう可能性も高い。いずれにしろ、ネット上で燃え上がってしまった批判の火を消すのは、並大抵のことではないのです」


 小室さん本人が、釈明会見を開くべきだという声も多い。


「事態を収拾するためには、何らかの会見は必要でしょうね。世間を納得させるには、やはり誠意を持って自分の言葉で説明するしかない。しかし、過去には有名人が釈明会見を開いたものの、そこでの対応がまずく火に油を注いでしまったケースも多い。つまり、会見はある意味“賭け”となりがちで、失敗した場合はさらに泥沼にハマってしまう。少なくとも、入念に準備をしたうえで、完璧な会見を開かなくてはならないわけです」


 まだまだ超えるべき障壁は多い。眞子さまと小室さんが幸せな結婚生活を送れる日はくるのだろうか。

NEWSポストセブン

「小室圭」をもっと詳しく

「小室圭」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ