火花散る“タキヒサ”ライバル対決は滝沢の勝利!直撃2発で会心トップ/麻雀・Mリーグ

4月20日(火)9時23分 ABEMA TIMES

 長年のライバルに、セミファイナルの大舞台で快勝だ。プロ麻雀リーグ「朝日新聞Mリーグ2020」セミファイナルシリーズ、4月19日の第1試合、EX風林火山・滝沢和典(連盟)がKONAMI麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人(連盟)との“タキヒサ対決”を制して、セミファイナル初勝利を挙げた。

【中継】激闘を振り返る滝沢

 この試合の対局者はKADOKAWAサクラナイツ・岡田紗佳(連盟)、TEAM雷電・萩原聖人(連盟)、KONAMI麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人(連盟)、滝沢の並びでスタート。試合開始時点のスコアはEX風林火山が6位。残り試合数が減り、ボーダーラインから離れるほどに他チームからのマークも厳しさを増すことから、滝沢はここでトップが欲しいところ。

 滝沢のその思いが配牌にも通じたか、開局早々に満貫をアガって先制。東2局も跳満をツモってリードを広げた。しかしここでライバルが前に立ちふさがる。東3局、そして同1本場に佐々木に連続で親満貫をツモられ、逆転を許してしまった。

 このまま佐々木を逃がせば現状6位のチームはさらに苦しくなる。滝沢は南3局、丁寧に手牌をまとめ先制リーチ。これに佐々木が手詰まり、リーチ・タンヤオ・平和・ドラの8000点の直撃に成功した。そして南4局1本場、またも佐々木から混一色・南・一盃口の1万2000点(+300点、供託1000点)を直撃し、強烈な2回のパンチで逆転トップを決めた。

 インタビューでは「勝ったときは内容もよく見えちゃうんで。良いか悪いか、今日はわからないです」と殊勝なコメント。ライバルを沈めた2回のアガリについては「相手の手もそう(勝負手)だったんだろうって思うだけです」とあくまで謙虚、勝利は偶然と語った。

 今後の展開については「まだ何とも言えないです。まだまだ先は長いので」と語り、折り返し地点となるこの日の勝利について「ただ、この試合が一つの勝負所ではあったかなと思います」と振り返った。最後はスポンサー企業の名前を挙げて「お会いするたびに『頑張って』と言われ、いつも励みになっています」と感謝を伝え、さらに「1戦でも多く楽しい麻雀を見せれるように頑張ります」と健闘を誓った。

 ライバルを沈め、ファイナル進出争いにおいて価値あるトップ。普段はクールだが打牌は熱い滝沢の麻雀に、視聴者も大満足だ。「まだ先は長い」とは翌月に待つ最終決戦、ファイナルの戦いも見据えてのこと。コメント欄は「覚悟のトップ、マジで鬼気迫ってた」「タッキー凄かったなあ」「さすがタッキー」「イケメンすぎる」「応援してるでえええええ」と盛り上がっていた。

【第1試合結果】

1着 EX風林火山・滝沢和典(連盟)4万5200点/+65.2
2着 KADOKAWAサクラナイツ・岡田紗佳(連盟)3万9100点/▲19.1
3着 KONAMI麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人(連盟)2万7500点/▲12.5
4着 TEAM雷電・萩原聖人(連盟)▲1万1800点/▲71.8

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019シーズンから全8チームに。各チーム3人ないし4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム90試合。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各16試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(12試合)に進出し、優勝を争う。
(ABEMA/麻雀チャンネルより)

ABEMA TIMES

「麻雀」をもっと詳しく

「麻雀」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ