今なお実在する“呪われた屋敷”、ホラー映画『ウィンチェスターハウス』場面写真一挙

4月20日(金)11時0分 映画ランドNEWS

ホラー映画『ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷』(原題「Winchester」)が2018年初夏に公開される。この度、本作の場面写真が解禁となった。


ウィンチェスターハウス



カリフォルニア州サンノゼに今なお存在する「ウィンチェスター・ミステリー・ハウス」。“西部を征服した銃”と称されるウィンチェスター銃を開発し、莫大な財産を築いたウィンチェスター一族の未亡人であるサラ・ウィンチェスターによって建てられた屋敷は、38年間、365日、24時間、サラが亡くなるその日まで絶え間なく増改築が続けられた。


内部は“どこにも行き着かない階段”、“床に向かって開く窓”、“迷路のようなホール”、“至る所にある数字の13にまつわる装飾”など不可思議な構造が溢れた奇怪な屋敷へと変貌を遂げていった。1906年に起きたサンフランシスコ地震などを経て形を変えながらも現存するこの屋敷は、観光地として国内外から多くの観光客を呼び寄せているが、いまだに幽霊の目撃情報が相次ぐ。


ウィンチェスターハウス


解禁された場面写真では、38年間続けられた増改築により摩訶不思議な構造を持つ屋敷内で起こる事件に巻き込まれる人々の緊迫した表情がうかがえる。漆黒のヴェールを脱ぎ素顔をあらわにする謎多き未亡人、サラ・ウィンチェスター(ヘレン・ミレン)の姿や、ウィンチェスター銃を構え恐怖に抗う表情のエリック(ジェイソン・クラーク)の姿が捉えられている。



映画『ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷』は2018年初夏にTOHOシネマズ シャンテほか全国公開


(C)2018 Winchester Film Holdings Pty Ltd, Eclipse Pictures, Inc., Screen Australia and Screen Queensland Pty Ltd. All Rights Reserved.


映画ランドNEWS - 映画を観に行くなら映画ランド


映画ランドNEWS

「ホラー映画」をもっと詳しく

「ホラー映画」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ