池田エライザ、幽霊に愛着!? 美谷間セクシーな衣装で明かす

4月20日(金)21時30分 マイナビニュース

モデルで女優の池田エライザが20日、沖縄県内で開催中の「島ぜんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映画祭」(19日〜22日)で上映された主演映画『ルームロンダリング』の舞台挨拶に、共演俳優の健太郎、片桐健滋監督とともに登場した。

池田エライザ

同作は、ワケあり物件に住むことによって物件を浄化するという"ルームロンダリング"のアルバイトをする八雲御子が、見えるようになった幽霊と奇妙な共同生活を送る中、彼らのお悩み解決に翻弄される物語。主人公・御子役を池田エライザ、御子の隣に住む青年・亜樹人役を健太郎が演じる。

池田は胸元の谷間が見えるセクシーな衣装で登場し、「御子ちゃんみたいな女の子がみなさんの生活されている環境のどこかにいるかもしれないという、身近に感じる世界観になってくれたらいいなと意識しました」と御子役について説明。「でも、御子ちゃん根暗な女の子なので、共演しているキャラの濃い方たちに影響されながら、素直に御子ちゃんをやれたらいなと思ってやっていました」と話した。

ワケあり物件に住めるかという話題になると、池田は「御子ちゃんを演じることによって、おばけ、霊がもとは人間だったんだなと愛着がわいた。私も御子ちゃんみたいに見えたらいけるんじゃないか」とコメント。健太郎は「無理」だと言い、池田の答えに「本当に?」と驚いた。池田は「安く住めるんだってよ! 例えば100万円のマンションが10万で住めたらどう思います?」とメリットをアピールするも、健太郎は「仕事頑張ります」と考えを変えず。監督も「僕も即答で住まないです」と嫌がった。

最後に池田は「撮影をしているときに、この台本だけは大切に大切に扱おうって、そう思えるくらい大好きな映画です。私がもっている『ルームロンダリング』への愛情がみなさまに伝わったり、みなさまも同じように愛してくださったらうれしいです」と作品への思いを熱く語った。

2009年にスタートした同映画際は、春の沖縄を代表する総合エンタテインメントの祭典。10回目となる今年は、4月19日〜22日の4日間、那覇市、北中城村などで開催する。期間中は映画の上映のほか、舞台挨拶、レッドカーペット、お笑いライブ、音楽ライブ、ファッションショーなど、バラエティに富んだイベントを開催する。

マイナビニュース

「池田エライザ」をもっと詳しく

「池田エライザ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ