佐藤健が千鳥ノブに贈った“ラブシーンの助言”

4月20日(火)1時7分 ナリナリドットコム

俳優・佐藤健(32歳)が、4月19日に放送されたバラエティ番組「教えてもらう前と後」(MBS・TBS系)に出演。お笑いコンビ・千鳥のノブに贈った“ラブシーンでのアドバイス”について語った。

プライベートでも佐藤と親交のあるノブは、佐藤から不思議なアドバイスを受けたことがあるそうで、「僕が、何かね、ちっちゃい演技の仕事が入ったんですよ。ドラマみたいなんが。で、『こんなん入ったわ、頑張ってくるわ、下手やけど』みたいなんを佐藤にLINEしたら、何か『頑張ってね』みたいな返ってきて。で、アドバイスとして、『もしキスシーンがあったら左手は侍の鞘の位置ね』って入ってきたんですけど……どういうこと?」と驚いたという。

佐藤に真意を尋ねると、佐藤は「えっとですね、ラブシーンというのはアクションシーンだという話になったんですよ。キスだろうがハグだろうが何でも見栄えが美しくありたいし、相手との呼吸の合わせ方とか含めてアクションやってる時の感覚にスゴく似てるんだなってことを、ラブシーンやって気付いたっていう話をして。そしてアクションシーンっていうのは例えば右手で刀を持って戦うじゃないですか、その時に一番大事なのが左手の位置なんだよっていう話になったんですよ。右手で戦ってる時に左手が死にがちなんですよ、この左手がこういかに生きたままアクションするかっていうのが大事になってくるというところから、つまりラブシーンをしてる時の左手は、右手でヒロインの頭を持ったとしたら左手は鞘の位置なんです」と説明した。

ナリナリドットコム

「ノブ」をもっと詳しく

「ノブ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ