セクシー女優・小泉ひなた、初主演映画の公開決定「ついに完成しました」

4月20日(火)17時37分 オリコン

映画『あ・く・あ~ふたりだけの部屋~』5月29日より池袋シネマ・ロサ(東京)にて1週間限定公開、全国順次公開 (C)PAP

写真を拡大

 セクシー女優・小泉ひなたが初主演する映画『あ・く・あ〜ふたりだけの部屋〜』が、5月29日より池袋シネマ・ロサ(東京)にて1週間限定公開、ほか全国で順次公開予定であることが明らかになった。

 浅野いにお氏原作の『うみべの女の子』(2021年、ウエダアツシ監督)、『ゴーストマスク〜傷〜』(18年、曽根剛監督)など、数々の刺激的な作品に参加してきた脚本家の平谷悦郎氏が、20年にわたって温めてきた企画。園子温監督の助監督を経て、映像作家として活躍する中川究矢を監督に迎え、制作資金210万円を集めるクラウドファンディングを「MotionGallery」で実施。多くの支援を受けて目標を上回る資金を集めることに成功し、制作された。

 “部屋”に閉じ込められる主人公の聡子役には、「まなざしの強さに稀有な魅力を感じた」(平谷氏)小泉を抜てき。もうひとりの主人公である達生役は、『ミは未来のミ』(20年、磯部鉄平監督)、『サクリファイス』(20年、壷井濯監督)、『赤色彗星倶楽部』(18年、武井佑吏監督)など、数多くのインディーズ話題作に出演し、今年も『街の上で』(今泉力哉監督)、『愛のくだらない』(野本梢監督)など公開作が続く俳優・櫻井保幸が演じる。

 映画初出演ながらも櫻井とともに、謎の“部屋”にふたりきりで閉じ込められ、苦悩しながらも倒錯した情愛に身を委ねていく男女を繊細に、リアルに演じた小泉は、「主演映画がついに完成しました! 私がやらせていただいた聡子という役はちょっと無気力な感じの女の子なんですけどある出来事がきっかけでどんどんSに目覚めていきます。あまりやったことのないイジワルな役なのでそういうところも見どころかと思います。ぜひ観てください!」と、コメントしている。

 また、達生に恋する大学の後輩・叶美を演じるのは、昨年6月に活動を終了したアイドルユニット・カメトレの元メンバーで、現在は女優として映画・舞台などで活躍する今城沙耶。苔好きのちょっぴり変わった女の子を演じる。

 そのほか、聡子が週に一度会えるのを楽しみにしているクズな恋人・征人役に、『やりたいふたり』(19年)の関幸治。学生時代の聡子を監禁していた監禁犯役に『ロックアウト』(08年)、『モダン・ラブ』(18年)の園部貴一。達生の義姉役に『子宮に沈める』(13年)、『アリエル王子と監視人』(15年)の伊澤恵美子。聡子を監禁犯から救い出す刑事役に川連廣明、小橋秀行が脇を固める。

 聡子の勤める喫茶店では、店主役に新宿ゴールデン街・Barダーリンのオーナーとしての顔を持ち、中川監督の園子温組の先輩に当たる石川雄也と、常連客役の高崎二郎というふたりの名バイプレーヤーが出演。お笑いコンビ・おかわり(八つ橋てまり・大葉かやろう)が隕石を拾ったバカップル役で映画初出演を果たしているのも注目だ。

 劇伴音楽はポップロックバンド・アーバンギャルドのメンバーで、大槻ケンヂやPANTAなどさまざまなアーティストのサポートや、映画・演劇の音楽などを手掛けるおおくぼけいが担当。カラフルでポップな抒情的サウンドで、倒錯した世界に彩りを添える。衝撃的なラストシーンの高揚感を高める主題歌「朝が落ちてくる」(作詞・作曲:おおくぼけい)は、アイドルユニット・ゑんらのメンバーである木乃伊みさとが歌唱を担当している。

オリコン

「セクシー」をもっと詳しく

「セクシー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ