岡田将生、松坂桃李、安藤サクラ 串焼き店でゆとり割り勘

4月20日(水)16時0分 NEWSポストセブン

串焼き店から出てきた岡田将生、安藤サクラ、松坂桃李

写真を拡大

“ゆとり教育”を受けた世代をテーマにしたドラマ『ゆとりですがなにか』(日本テレビ系)が4月17日にスタートした。主人公は「ゆとり第一世代」と呼ばれる1987年生まれの若者たち。


 岡田将生(26才)演じる坂間正和は、食品会社から出向になった居酒屋チェーンの店長。ひょんなことから小学校教師・山路一豊(松坂桃李、27才)と意気投合するが、ふたりの前に「おっぱい!」と連呼しながら現れたのは風俗店の客引き・道上まりぶ(柳楽優弥、26才)だった——日本アカデミー賞の最優秀主演女優賞を獲得した安藤サクラ(30才)が岡田の同期で恋人役を演じるのも話題だ。


 実年齢も“ゆとり世代”ど真ん中な彼ら。そのプライベートは…。4月中旬の夜9時過ぎ、東京・新宿区内でロケを終えた岡田、桃李、サクラの3人はそれぞれ、渋谷方面へと向かった。選んだのは大衆的な串焼き店。20席ほどのこぢんまりとした店内で、入り口近くのテーブルに席をとる。


「岡田くんが常連なんですよ。俳優仲間とよく来ている所を見かけます。3人ともイケる口で、店の名物でもあるオリジナルブレンドの緑茶ハイをぐいぐい飲んでました」(居合わせた常連客)


 店内はほぼ満席だったが、変装したり顔を隠す様子もなく、3人は和やかに談笑を始めた。


「はじめは静かに飲んでたんですが、お酒も回ってテンションが上がったのか、サクラさんが何度も“おっぱい!”と叫ぶ声が聞こえてきました。“人それぞれのおっぱいがある!”とかなんとか大声で言うので他のお客さんたちは驚いてましたよ。それを聞いていた岡田さんと松坂さんは大爆笑してました。


 それから、松坂さんが何度もトイレに立つんですが…、戻ってくるといつも扉が半開きなんです。他のお客さんとか店員さんがそのたび閉めてましたけど、本人もそれに気づいて“やべっ…”って(笑い)」(前出・常連客)


 いすの上に体育座りですっかりリラックスしていた岡田が「お会計!」と手を上げたのは深夜12時をまわった頃。


「伝票を受け取ると3人で金額をしみじみと眺めた後、サクラさんもいれて割り勘にしてました。お金にきっちりしてるんですね」(前出・常連客)


 ゆとり世代の女子は「デートも割り勘」が当然なのだとか。


※女性セブン2016年5月5日号

NEWSポストセブン

「岡田将生」をもっと詳しく

「岡田将生」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ