首相の訪米団に安倍昭恵夫人の監視役 自由行動一切ない

4月20日(金)7時0分 NEWSポストセブン

厳戒監視態勢の米国夫婦行(撮影:つのだよしお/アフロ)

写真を拡大

 様々な疑惑を抱えた状態で日米首脳会談のために訪米した安倍晋三首相(63才)。その傍らには妻の昭恵さん(55才)の姿があったが、現地での昭恵さんの言動が心配されている。そもそも、彼女には“前科”がある。


「2017年2月の訪米では、安倍夫妻とトランプ夫妻が会食する機会がありました。トランプ大統領は“酒は身を滅ぼす”という主義でお酒は一切口にしない。もちろんメラニア夫人も飲みません。安倍首相は潰瘍性大腸炎を患った過去から、そもそもほとんどお酒を飲めない。そんななか、昭恵さんひとりが白ワイン、赤ワインと杯を重ね、ほろ酔い状態に。


 その様子をトランプ夫妻は訝しげに眺めていましたが、たまりかねたメラニア夫人が“こういう大切な場で、しかも主役である夫が飲んでいないのに、酔っぱらうのはいかがかしら”とつぶやいたそうです」(全国紙政治部記者)


 昭恵さんはメラニア夫人を前に、自分の好きなK-POPアーティストの「カッコよさ」について饒舌に話し続けたこともあった。


「メラニア夫人は呆れた顔で、“あなたは日本人なのに、なぜ韓国の話ばかりするんですか?”と昭恵さんを遮りました。当然のツッコミですが、それで昭恵さんは不機嫌になり、また酒をあおっていました」(前出・政治部記者)


◆ドナルドに誘われちゃって


 妻は国内でも敵だらけなのに、アメリカまで行ってトラブルを起こされてはたまらない。そう安倍首相は神経を尖らせているという。


「昭恵さんは外遊に出かけると、大好きなお酒を浴びるように飲むのがいつものこと。ロシアに行けばウオッカを、ヨーロッパに行けばワインをあおります。イスラム圏の国に行ったときでも、“お酒を飲みたい”と言ってひんしゅくを買ったこともありました。


 しかし、今回はそんな悠長なことを言っている場合では全然ありません。記者団の前で森友関連で口を滑らせでもしたら大事です。訪米団の中には、今回新たに昭恵さんの“監視係”のようなスタッフも複数加わりました。現地での自由行動は一切なく、厳戒監視態勢の下に置かれます」(官邸関係者)


 とはいえ、夫の安倍首相だって、どこかピントがずれている。



「今回の訪米でもトランプ大統領とゴルフを予定しています。打診を受けた時には“国会会期中だし、問題の渦中でのんびりゴルフなんかしていたらますます批判される”と心配する声が政府内に上がりましたが、首相本人は“ドナルドに誘われちゃって”とまんざらでもない様子で…」(官邸筋)


 アメリカでゴルフを楽しむ姿を見て、国民が「こんな時に」と苛立つことさえ首相には想像できないらしい。


 さらなる長期政権を可能にするために、自民党総裁の任期を「2期6年」から「3期9年」へと改正させた安倍首相。この9月には総裁選を迎えるが、「『安倍一強』と呼ばれた時代は今や昔のこと。自民党内からも“安倍首相では来年の参院選は戦えない”という声が噴出しているので“3選”はもはや絶望的でしょう。一部には、今国会会期末の“6月辞任説”も出ている」(自民党関係者)という。


 国内では挽回する余地はないので、今回の訪米を「起死回生」の唯一のチャンスと期待していたようだ。


「トランプ大統領との蜜月をアピールし、“やはり外交は安倍首相でなければ”というイメージを植えつける腹づもりでした。ところが、訪米を前にトランプ大統領がシリア空爆に踏み切ったのが大誤算。日本人、とくに主婦層は反戦感情が強いので、トランプがますます評判を下げることになり、それに擦りよるように見える安倍首相のイメージも悪化するばかりです」(別の全国紙政治部記者)


※女性セブン2018年5月3日号

NEWSポストセブン

「安倍昭恵」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「安倍昭恵」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ