有吉弘行の結婚に「いい人にはならないでくれ!」と高田文夫氏

4月20日(火)7時5分 NEWSポストセブン

高田文夫氏が有吉弘行との思い出を振り返る

写真を拡大

 放送作家、タレント、演芸評論家で立川流の「立川藤志楼」として高座にもあがる高田文夫氏が『週刊ポスト』で連載するエッセイ「笑刊ポスト」。今回は、有吉弘行夏目三久の結婚というめでたいニュースについて綴る。


 * * *
「有吉と夏目」という文字が大きくドーンと一面に載った途端、テレビのワイドショーでは女性タレント達がいきなり「有吉さんて本当は優しい人なんです」やら「ウラでは我々に凄い気を遣ってくれるんです」なんて、急にいい人になりやがった。どの面下げていい人なんだよ。俺も長いこと談志やたけしという東京のヒールと仕事もプライベートもつきあって来て、次は爆問太田と有吉だと楽しみにしてたのに、こんなお幸せニュースで芸もキャリアも大崩壊だ。


 ここ数年「散歩が趣味で」なんて言ってたけど、どうせこのコロナ禍、キャップかぶってマスクつけて歩いて彼女の家へ行きゃ一切バレないものな。どうだこのスケベー。10年前にニュースになった時から怪しいなと踏んでたんだよ。芸能界50年超、この大きな目はゴマ化せないよ。俺も毎週見ている『有吉の壁』だが、それより「夏目の壁」が相当厳しかったろうなと推測する。ヒッチハイクの時より厳しく険しい道程だったと思う。


 そもそも1989年に『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』が始まり、アシスタントとして松村邦洋松本明子が喋っていた。それを面白がった日テレのディレクター連中が「二人を貸して下さい、3か月だけ」。


 おバカが二人で助けあって進める番組が面白がられ『進め!電波少年』は大ブレーク。少々弱ってきた処へ猿岩石を投入し、ヒッチハイク企画が大ヒット。帰ってきてCD『白い雲のように』を出せば113万枚(つくづく後悔。俺が作詞しときゃ、今頃孫にミルクも買ってあげられたのに)、たしか本『猿岩石日記』も250万部くらい売れたんでしょ(ああ俺がゴーストやっとけば孫におむつを)。


 人生なんて、そうそういい事ばかりじゃない。ブームはすぐに終わり、数年してまったく仕事はゼロ。テッペンからドン底へまっさかさまに落ちてデザイアー。


 その頃“ダチョウ倶楽部”の上島がなにかと面倒を見て「竜兵会」なるものを若手達と開いては呑み喰い、そして帰りにタクシー代の小遣いまで渡していた。私ものぞいて呑んだが、何しろ有吉の上島への容赦ない傍若無人なつっこみに腹を抱えた。一切、卑屈さがないのだ。堂々としている。「トップをとった事がある」プライドがそうさせるのだ。


 月に1本も仕事の無いその時代、私のラジオのレポーターをやってもらったら、毎週偉い人につっかかっていくその面白さ。若い頃のビートたけしだった。業界は速い。すぐに噂は広まり、有吉はテレビというお座敷にまた呼ばれ出した。


 今のテレビ、若手は皆な健全ないい人。有吉だけはいい人にはならないで。


イラスト/佐野文二郎


※週刊ポスト2021年4月30日号

NEWSポストセブン

「有吉弘行」をもっと詳しく

「有吉弘行」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ