浜辺美波が見せる“顔芸”と言われるほどの熱演「未知の領域に行くことができた」

4月20日(土)16時0分 週刊女性PRIME

浜辺美波 撮影/森田晃博

写真を拡大



「母からは、怖すぎてちょっと見れなかったと言われました(笑)。でも、そう言われて本当にうれしいんです。作品としては、成功しているということなので」

■高校を卒業して、挑戦してみたいこと



 昨年、話題となったドラマ『賭ケグルイ season1』で、謎の多い最強の女子高校生ギャンブラー・蛇喰夢子を演じた浜辺美波(18)。

 学業よりも“ギャンブルの強さ”が評価される名門学園を舞台にした、シリーズ累計500万部突破の大人気同名コミックの映像化。厳しい目で見るファンさえも虜にした浜辺の演じる夢子が、再びドラマとオリジナルストーリーの映画として帰ってくる。

「夢子は自分とはまったく違う、ぶっ飛んだ二次元的なキャラクター。ギャンブルに身を投じているとき以外は、何を考えているのか、心さえもあるのかどうかがわからない不思議な女の子です。

 ふだんの私は、テンションを上げて怒ったり、泣いたりすることがないので、夢子を演じることで自分の中の未知の領域に行くことができたように思います。こんな自分もいるんだなと(笑)」

 各映画賞の新人賞を総なめにした『君の膵臓をたべたい』や話題作『センセイ君主』、ドラマ『崖っぷちホテル!』で知る彼女とはまったく違う姿を見たとき、驚く人は多いはず。

「“顔芸”と言われるくらい、夢子を演じているときは、とにかく表情筋を使っていると思います。

 いい意味で“すごいね”と言っていただけるくらいの表情で演じたいと思っていて、前作のドラマの撮影のときからモニターチェックはしていないんです。だから、自分でもどんな顔をしているのか楽しみで」 

 女優としての圧倒的な存在感を感じさせる浜辺だが、この春、高校を卒業したばかり。学業と仕事の両立はかなり大変だったようで、

「しばらく卒業した喜びをかみしめていると思います(笑)。

 なかなか学生らしい経験ができなかったのですが、卒業旅行で北海道に行ったり、運動が苦手ながら全力でバレーボールに取り組むことができたり、悔いのない高校生活を送れました。

 これから挑戦したいのは車の免許を取ることと、日本舞踊。時代劇のお仕事をいただいたときに、カッコよく着物が着れたらいいなと思っています」

 高校を卒業して、今後の目標は?

「とにかく女優を続けていくこと。自分に素直に、もっと感受性豊かに、いろいろな影響を受けながら、役に寄り添っていけたらいいなと思います」

『映画 賭ケグルイ』

5月3日全国公開

出演:浜辺美波、高杉真宙森川葵

配給:ギャガ 

公式サイト https://kakegurui.jp/



ドラマ『賭ケグルイ season2』

MBS、TBS深夜枠ほか にて放送中!

詳細は、公式サイト https://kakegurui.jp/season2/

週刊女性PRIME

「浜辺美波」をもっと詳しく

「浜辺美波」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ