【インタビュー】ドラマ「理想のオトコ」蓮佛美沙子「自分と重ね合わせたり、キュンとしながら見てほしい」

4月20日(火)6時28分 エンタメOVO

蓮佛美沙子(C)「理想のオトコ」製作委員会 hair&make:宮本愛(yosine)/stylist:佐藤遥菜(crepe)

写真を拡大

 蓮佛美沙子が主演するドラマParavi「理想のオトコ」(テレビ東京系)が放送中だ。本作は、チカの同名の電子コミックが原作。10歳年上の漫画家・ミツヤス(安藤政信)と、高校時代の同級生・志摩圭吾(味方良介)という対照的な2人の男性の間で揺れ動く、アラサー女子の小松燈子(蓮佛)のリアルな恋愛事情を描く。本作で、恋愛から久しく遠ざかっていたものの、突然、人生一番の“モテ期” が到来する美容師の燈子を演じる蓮佛に、本作の見どころや、共演者とのエピソード、30歳を迎えた心境や抱負などを聞いた。



−まずは、オファーを受けたときの気持ちを教えてください。

 ここまでストレートな恋愛作品をやったことがなかったので、原作漫画を読んだときに、自分が現場でどんな気持ちになれるのかな、というワクワクする気持ちと、知らない自分に出会えそうだなというドキドキがありました。

−美容師の燈子を演じる上で気を付けていることや、役作りで行ったことはありますか。

 燈子はすごくナチュラルな女性なので、自然体で演じようと思いました。美容師の動きについては、1日数時間、美容指導の先生に教えていただく時間をもらって、劇中で髪をカットするシーンも、実際に自分で切っているのですが、プロはすごいなあと、自分の手先の不器用さを呪ってしまいました(笑)。

−蓮佛さんは今ちょうど30歳ですが、今の年齢だからこそ演じられる部分はありますか。

 恋愛に対して、好きだけでは動けない。大人になっていろいろ知ってしまったからこそ、本能的に動けない燈子のジレンマみたいなものは、すごくよく分かるなと思いました。今、私が30歳という年齢だからこそ、より共感しながら表現できたのかなと思います。

−恋愛に憶病になっているアラサー女性も多いと思いますが、どのようなことを届けたいですか。

 演じてみて思ったのは、若いとか大人とかは関係ないなと。恋愛をしたら、みんなすごくかわいいんだなと思いました。大人でも、好きな人と付き合うか付き合わないか、という時期はドギマギするし、どれだけ経験を重ねていても、すれ違いはあると思うので。自分と重ね合わせたり、この大人たち、かわいいなと思いながら見ていただきたいです。

−藤井美菜さん、瀬戸利樹さん、味方良介さんなど、共演者とは撮影の合間にどのような話をしていますか。

 藤井さんはサバサバしていて話しやすい方なので、「普段お酒を飲みますか?」という話をしたり、瀬戸さんと味方さんには、「男女でエスカレーターに乗るときどちらが上に乗るべきか」って質問をされたりとか(笑)、たわいない話をしていました。あとは、みんなで「理想のオトコ」の男性陣の中でどのキャラクターが好きか? という話題で盛り上がったりして、現場は和やかな雰囲気でした。

−蓮佛さんは誰推しですか。

 漫画とドラマは少し違うのですが、漫画であればミツヤス先生のアシスタントの最賀くん(平井亜門)が好きです。ミツヤス先生も好きですが、最賀くんのひたむきな感じがかわいいなって、漫画を読んでいてキュンキュンしました。

−本作は、将来を真剣に考え始める大人の恋愛物語ですが、蓮佛さん自身も結婚願望はありますか。

 将来的にはしたいなと思います。ただ、何歳までに結婚したいというこだわりはなくて、生涯ずっと一緒にいたいと思う人ができたら、流れでそう思うのかなと思います。

−年齢を重ねて、「理想の男性像」は変化しましたか?

 今回の撮影時も、理想の男性って何なんだろうなって考えながら現場にいたのですが、究極は私のことを好きでいてくれて、大事に思ってくれる方が理想なのかなと思いました。それさえあればいいかなとずっと思っていて、それは変わらないです。例えば、どちらかが弱っているときは引っ張ってあげたり、臨機応変にお互いが補い合って、思い合う関係性を築けるのが、理想の形なのかなと思いました。

−燈子には突然モテ期が訪れますが、蓮佛さんが“モテ期”を感じた時期は?

 全然ないんですけど、中学3年生のときにオーディションに合格して、この業界に入ったときに、ワイドショーに出させていただいて。その報道があった日に3人ぐらいから「実は好きでした」と告白されました。テレビに出たから言ったんでしょ、絶対に好きだったわけじゃないよね、みたいな感じの“疑似モテ期”はありました(笑)。

−改めて、ドラマの見どころを教えてください。

 直球の恋愛ドラマです。大人だからこそ、好きという一言がなかなか言えなかったり、年齢を重ねたが故に、本音を言えない大人たちの、もどかしくて、でも、そのもどかしさがすごくかわいらしいドラマになっています。キュンキュンしたり、いやされながら見てもらいたいです。

−蓮佛さん一押しのキュンキュンシーンは?

 安藤政信さんが演じるミツヤス先生が、泣きながら気持ちを伝えてくれるシーンがあるのですが、そこは「かわいい!守ってあげたい!」と思いました(笑)。自分の気持ちを上手に伝えられなかった人が一生懸命伝えようとする姿にグッとくるシーンなので、ぜひ楽しみにしてください。

−最後に、30代を迎えた蓮佛さんの現在の心境や、今後の目標を教えてください。

 ここ数年、舞台をやらせていただく中で、自分の中で初心に帰って、新しく自分のお芝居に向き合えているような感覚があるので、今後は、それをまた自分の中で深堀りしていって、役の幅を広げていきたいです。プライベートでは、大切だなと思う人たちと、「大切だよ」と言い合える関係性を、長く続けていきたいです。

(取材・文/小宮山あきの)



 ドラマParavi「理想のオトコ」は、毎週水曜深夜0時40分〜テレビ東京系で放送中(※Paraviで毎話独占先行配信)。

エンタメOVO

「ドラマ」をもっと詳しく

「ドラマ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ