TVアニメ『恋愛暴君』の個性的すぎる乙女たちについて、小野賢章さんが語る/3話放送後インタビュー

4月21日(金)21時0分 アニメイトタイムズ

 TVアニメ『恋愛暴君』(2017年4月よりテレビ東京ほかにて放送中)の超個性的な女性キャラクターに囲まれている藍野青司(CV: 小野賢章)。いたって普通の男子高校生なのですが、いろんな出来事に巻き込まれる中で彼の本当の魅力もじわりじわりと出てきているように思います。

 3話では、妹のあくあ(CV: 高橋李依)との心温まる物語も展開。ツッコミ役としても欠かせない青司を演じる小野賢章さんにインタビューを実施! 役に決まった時の心境をはじめ、放送されたばかりの本編3話の印象的なシーンについてまでたっぷりと語っていただきました。 
警官と五二三の関係もサイドストーリーのように進めていってほしい——
——青司役に決まったときの気持ちは?

藍野青司 役・小野賢章さん(以下、小野):オーディションだったんですけど、こういう役はあまりやったことがなかったので、楽しみだなってすごく思いました。原作はその時点では読んでいなかったのですが、オーディション原稿からギャグやコメディがありつつだったので、面白い作品になるし、やりがいのある役だろうと思っていたので、決まったときは楽しみが増えた感じでした。——オーディションの思い出というと。

小野:冒頭のキスする、しないのシーンをやったんですけど、なんか、羨ましい世界だなって思いましたね(笑)。

——小野さんがツッコむっていうのが、あまりイメージがなかったです。

小野:ギャグものもちょいちょいありますけど、自分がわりとお笑いとか好きなので、(こういう役も)好きです。

——青司はどういうキャラクターですか?

小野:青司は結構、世話焼きというか、困っている人を見るとほっとけない正義感の強い男の子かなというのはありつつ、セリフにもあるけど、茜さんがかわいくて、茜さんとキスしたいと思っていたり、そういう普通の高校生らしい一面もあって、なんというか……本当に普通の高校生ですね。あとは巻き込まれ体質というのがよく似合うキャラクターかなと思います。——ただ、その周りの女性の個性が強いという。

小野:そうなんですよね。何でみんなが青司に夢中になっていくのかは、まだちょっと謎ですけど(笑)、何か惹きつけるものがあるんだろうなと思います。

——優しさはありますよね。

小野:そうですね。思ったことを素直に伝えたりするところに女の子はキュンと来たりするのかなって思ったりします。

——自分に似ているところというか、役作りでこういうところを意識したなどはありますか?

小野:いわゆる学園ラブコメ系の作品は、似ている部分というか、自分が経験してきた部分を反映しづらいところではあるので、とにかくリアクションとかで新鮮さを付けてやっていけたらいいなって思いました。対茜であったり、対グリであったり、それぞれに対しての反応を一個一個丁寧にやれたらいいなと思います。——確かに経験することはないですね(笑)。

小野:普通の人だったらないですよね。だからどこまでコメディはコメディにできるのかだったり、真剣なところでは、相手に対して真っ直ぐ応えてあげられるのか、というところに向き合って収録をしています。

——コメディで大事にすることは?

小野:その流れの勢いというのは大事にしています。こう来たから、このまま流れに乗ってとか、役者さんからの流れみたいなところはそれぞれあったりするので、そこは気にします。

——自分で、こうツッコもうって決めていくよりは……。

小野:準備ももちろんしますけどね。やっぱりグリがなかなかクセがあって(笑)、結構いろんな「そうくるか!」があるので、毎回新鮮なんですけど、柔軟に反応できたらいいなと思いますね。

——グリの感情って、よくわからないですよね。

小野:そうなんです。で、青山(吉能)さんが、どう解釈したらそんなのが出てくるんだって思うようなことをやってくるんです。これは、すごいなと思って毎回感心していることなんですけど、斜め上を行くというか、聞いていても気持ちいいところをすごくやってくださるので、こちらもそれに負けずに対応できたらいいなと思いながらやっています。なかなか感性がすごいんですよ。——すごい褒め言葉だと思います。実は柚役の長野さんも新人なんですよ。

小野:新人さんなんですね! それにしては……。

——度胸があると言われていました。しかも去年まで高校生で、アフレコ現場もほぼ初めてのようです。

小野:本当ですか。え〜! みんなうまいなぁ。僕の高校生の頃なんて……。今ようやくできていますけど、すごいですね。

——そういう面で、現場でのご自分の立ち位置などを考えたりしますか? サポートしようとか。

小野:陰ながらサポートはできたらいいなっていう感じです。女の子が多くて、若い子も多い現場なので、みんな伸び伸びやれたらいいなって思っています。あとは、この作品について、「これどうなっていくの?」って、よく聞いたりはしてますけど。

——ベテランの方も多いので、若手との橋渡し的なポジションでもあるのかなと思ったのですが。

小野:そうですね。ベテランの方は、わりと僕に一番に話しかけてくるんだろうなと思うので、そこで広がりを出せればいいかなって思っています。中間管理職的なところではあるのかな?

——3話の放送後になりますが、3話はいかがでしたか?

小野:3話は青司の妹のあくあが出てくるんですけど、まずツッコみたいのは、ストラスとは何だったのかというところですね(笑)。——原作でも、しっかり触れてないんですよね(笑)。

小野:突然出てきて、しかもみんなそれに対して、当たり前という体でやってるところが、僕が一番引っかかったポイントなんですけど。しかもそのストラス役が(堀内)賢雄さんっていうのが、なんかとんでもない感じだったので、ツッコミどころが多くてどうしようかという。

まぁでも、3話はやっぱり妹がガッツリ登場して、ずっと兄妹として、お兄ちゃんっ子だった感じが、だんだんと成長するにつれて気恥ずかしくなっちゃったりするところが描かれていた、良い話だったなと思いました。

——印象に残っているシーンは?

小野:アバンで、子供の頃のあくあがストラスに木の上まで追い詰められて、青司が「飛べ、あくあ」と言って飛び降りる回想シーンから始まるんですけど、それと同じシーンが最後にもあって、やっぱりあくあにとって、お兄ちゃんは今も変わってないんだなって昔とリンクする。あそこが結構印象に残っていますね。あとBパートで出てきた天亜薇(てぃあら)ですね(笑)。またクセの強いキャラクターが出てきたので、受け入れるのが大変な3話でした。——ちなみに、これまでで印象に残っているキャラクターはいますか?

小野:やっぱり警官と五二三がもう大好きで。警官役の内匠(靖明)さんの演技がすごく好きで(笑)。内匠さんの本役は柚の秘書の鶴岡太郎なんですけど、警官と五二三の関係もサイドストーリーのように進めていってほしいですね。どうなっていくのかすごく気になります。途中で三角関係になったりとか、そういうのも欲しいですね(笑)。

——青司的には、茜なんてどうですか?

小野:みんなヤバいですけど、3話の段階では、茜は圧倒的にヤバいですね……あのやっぱりね、暴力は良くない! グルカナイフは相当危険ですから。でも、このあとに出てくる樒も相当ヤバい気配がしていますね。

——あと、コラリも面白いですよね。

小野:そうくるかっていう。コラリの出オチ感は強かったですね。わりと出オチキャラは結構いますね。4話でもそういうキャラがいるので。——ではそんな4話以降の見どころは?

小野:原作に沿って進んでいるので、読まれている方は今後どうなっていくのか分かっていると思うんですけど、僕は今のところ原作は進んだところまでしか読んでいなくて、どうなっていくのかまったく分かっていないんです。ただ、聞いたところによると結構バトルが増えていって、すごいことになっていくみたいなので、原作を読んでない人は、今後の展開を予想しながら楽しんでもらえたらなって思います。

——原作は、やったところまでしか読まないんですね!

小野:そうですね。台本を最初に読んだときの面白味みたいなところはいつも大切にしていて、特に楽しみにしている部分なので。作品によるんですけど『恋愛暴君』に関しては、台本を一度読んだあとに、表情のチェックも含めて原作の漫画を読むようにしています。[インタビュー・文/塚越淳一]

アニメイトタイムズ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

小野賢章をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ