BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

劇団四季「ブラックコメディ」公開舞台稽古を実施!

シネマカフェ4月21日(金)19時30分
画像:「ブラックコメディ」 撮影:上原タカシ
写真を拡大
「ブラックコメディ」 撮影:上原タカシ
画像:劇団四季「ブラックコメディ」公開舞台稽古を実施!
写真を拡大
4月21日(金)本日より自由劇場(港区・浜松町)にて上演されている劇団四季「ブラックコメディ」。この度、開幕を直前に控えた20日、公開舞台稽古が実施され、本番同様に緊張感溢れる中、舞台全体の最終チェックが入念に行われていた。

ある日曜の夜、無名の若手彫刻家ブリンズリーは、婚約者のキャロルと一緒にアパートの部屋を華やかな骨董品で飾りつけていた。優美な椅子、精巧なランプ、上等な花瓶、値打ち物の仏像…実はこれらの骨董品は、旅行で留守にしている隣人、古美術商ハロルドのコレクション。彼に無断で持ち出し、さもブリンズリーの調度品のように装って2人の来客をもてなすという計画だった。客のひとりは、ブリンズリーの作品を見に訪ねてくる億万長者の美術蒐集家バンベルガー。彼に認められればブリンズリーの出世は間違いない。そして、もうひとりはキャロルの父親・メルケット大佐。娘のフィアンセにブリンズリーがふさわしい男なのか、品さだめにやってくるのだ。

骨董品が大富豪の評価を受け、賞賛される姿をフィアンセの父親に見せることができれば、ブリンズリーは富も名声も、そして愛する女性も手に入れられるはずだったのだが…あろうことか、突然アパート全体が停電に! 部屋には上階に住む女性、ミス・ファーニヴァル、旅行中のはずのハロルド、さらにはブリンズリーの元恋人クレアまで現れて…。大混乱に陥り、暗闇で大慌てのブリンズリー。彼の運命やいかに——!?

本作は、「エクウス(馬)」や「アマデウス」などの作品で名高い、昨年6月に逝去した英国劇作家ピーター・シェーファー作のスラップスティックコメディ。若き彫刻家が、美術コレクターの大富豪とフィアンセの父親を我が家に迎える大事な夜に、突然起こった停電。電気がついているシーンは舞台上が暗く、停電になると照明がついて明るくなる「明暗逆転」の手法で、停電中のパニックを見せる異色作だ。

1965年にロンドンで初演され、以降パリ、ニューヨークでも上演し大ヒットとなった本作。劇団四季では1970年の初演以降、2006年に自由劇場で36年ぶりの再演を果たし、2008年までに東京のほか福岡、名古屋、京都で上演し、各地で好評を博した。

今回本作で若き彫刻家ブリンズリー・ミラー役を演じる萩原隆匡は、「ブリンズリーは、婚約者の父との挨拶の直前、停電に直面します。そこに、元恋人が突如現れるという悪夢のような状況を、暗闇を明るく、光ある日常を暗闇に逆転させた斬新な演出でご覧いただきます」と本作について語り、「非日常空間に置かれた人間の行動の可笑しさとその本質を表出させていく、ピーター・シェーファーの極上のドタバタコメディをぜひお楽しみください」とメッセージを寄せた。

劇団四季「ブラックコメディ」は4月21日(金)〜5月14日(日)自由劇場にて上演。
Copyright (c) 2017 IID, Inc. All rights reserved.

はてなブックマークに保存

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「舞台」「劇団四季」「港区」「浜松町」の関連トピックス

注目ニュース
石破茂「献金100万円で加計潰し」報道が示す“総理の意向” NEWSポストセブン7月24日(月)7時0分
官邸と自民党内でついにスキャンダルの「刺し合い」が始まった。加計学園問題の説明責任から逃げ回っていた安倍晋三首相が予算委員会の閉会中審査で…[ 記事全文 ]
藤原紀香はかなり格下?梨園の妻にある「序列」 まいじつ7月23日(日)21時0分
ABC/PIXTA(ピクスタ)6月22日に亡くなった小林麻央さんの納骨が、8月上旬に行われるとみられている。[ 記事全文 ]
坂上忍が上西小百合炎上騒動にかこつけてTBSを批判し、視聴者が拍手喝采! アサ芸プラス7月24日(月)5時59分
毒舌が持ち味の坂上忍が、そのホコ先を何と自分がレギュラー出演しているTBSに向けたという。[ 記事全文 ]
高畑淳子、長男暴行事件の胸中激白「毎日1人会見」 日刊スポーツ7月24日(月)7時58分
高畑淳子(62)主演舞台「土佐堀川」(10月4〜28日、東京・日比谷シアタークリエ)のポスター撮りがこのほど、都内で行われた。[ 記事全文 ]
稲田朋美「政治資金パーティー」発起人は“死者”だった NEWSポストセブン7月21日(金)11時0分
内閣改造で「去りゆく大臣」がこれほど注目されたことはなかったのではないか。相次ぐ失言に加え、新たにPKO日報の隠蔽疑惑まで噴き出している稲…[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア