NGT48荻野由佳、千秋楽に意気込み「幸せだったねってみんなで言えるような公演に」

4月21日(日)13時23分 オリコン

NGT48・荻野由佳(C)ORICON NewS inc.

写真を拡大

 新潟を拠点に活動するアイドルグループ・NGT48のチームNIIIが21日、NGT48劇場で『誇りの丘』千秋楽公演を実施。冒頭のメンバー全員あいさつで、荻野由佳は「ハタチになりましたおぎゆかこと荻野由佳です」と元気に呼びかけた。

 3曲披露後、メンバー一人ひとりがファンにあいさつする場面で、荻野は「きょうは約2年の最後の公演ということで、今までの中で一番盛り上がって楽しかった、幸せだったねってみんなで言えるような公演にしていきたいと思います。きょうは一日、あ、お昼だけですがよろしくお願いしまーす!」と千秋楽への意気込みを語った。

 開演前、劇場支配人の早川麻依子氏がステージからファンに向けてあいさつし、これまでの騒動について「心よりお詫び申し上げ。大変申し訳ございませんでした」と謝罪した。

 NGT48は今月11日、「NGT48は現在のチーム制度を取りやめ、新たに、NGT48 1期生と研究生として再スタートを切ることに致しました」と報告。メンバーの山口真帆が昨年12月に暴行被害を受けたことが今年1月になって発覚後、研究生公演やソロ公演は行っていたが、チーム公演は行っていなかった。4月前半の劇場スケジュールはすべて「休館日」となっていた。

オリコン

「NGT48」をもっと詳しく

「NGT48」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ