爪切男・著『クラスメイトの女子、全員好きでした』(集英社)刊行記念オンライントークイベント開催決定!

4月21日(水)16時36分 Rooftop

main.jpg

株式会社集英社は、 デビュー作『死にたい夜にかぎって』がドラマ化されヒット、 また今年2月から3ヵ月連続刊行が話題の注目作家・爪切男、 最新刊『クラスメイトの女子、 全員好きでした』(4月26日発売)刊行記念オンライントークイベントを開催。

デビュー作『死にたい夜にかぎって』がいきなりドラマ化もされヒットするなど注目の作家・爪切男さん。 今年2月から3か月連続での刊行も話題になっていますが、 そのラストを飾るエッセイ『クラスメイトの女子、 全員好きでした』刊行を記念したスペシャルイベント。ゲストに、 『ハイパーハードボイルドグルメリポート』などを手掛けるテレビディレクター上出遼平さんを迎え、 今回のエッセイのテーマにちなみ、 ふたりの注目クリエイターの「少年時代の恋や友情、 ハマったもの、 当時の夢や想い、 ここでしか言えないこと」などについて語り合う。 少年時代のいろんな想いや経験が、 表現者としての今に、 いかに活きているのか? もちろん「ここだけ」のハードボイルドなトークに脱線する可能性も大! 間違いなく面白すぎる90分。

小学校から高校までいつもクラスメイトの女子に恋をしていた。 主演・賀来賢人、 ヒロイン・山本舞香でドラマ化もされたデビュー作「死にたい夜にかぎって」の前日譚ともいえる、 全20篇のセンチメンタル・スクールエッセイ。 きっと誰もが“心の卒業アルバム”を開きたくなる、 せつなくておもしろくてやさしくて泣ける作品。

推薦文 アイナ・ジ・エンド(BiSH)
「爪さんの人生は、 いたってまともじゃない。 どんな自分になったって、 笑って生きていける気がしました。 この一冊は、 私の温かい居場所です」

sub1.jpg
撮影/江森丈晃

Rooftop

「集英社」をもっと詳しく

「集英社」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ