劇場版アニメーション『時をかける少女』、主題歌「ガーネット」挿入歌「変わらないもの」奥華子のシングルバージョンも収録したオリジナル・サウンドトラック本日発売!

4月21日(水)17時28分 Rooftop

main.jpg
劇場版アニメーション『時をかける少女』オリジナル・サウンドトラックがLPレコードで蘇った。『時をかける少女』と言われ何を連想するかで歳が分かると語られるほど世代を越えて愛され続けているこの作品は、筒井康隆氏のSF小説を原作に、実写映画・テレビ、アニメ、舞台など長年に亘って様々な形で上演されている作品。今回は、その中でも最も評価が高いと言われている劇場版アニメーション『時をかける少女』のオリジナル・サウンドトラックがLPレコードとなって発売される。
劇場版アニメーション『時をかける少女』は2006年に細田守監督によってアニメ化され、わずか6館の劇場公開から異例のロングラン上映となり、全国100館以上で公開された大ヒット映画。当時発売されたオリジナル・サウンドトラック(CD盤)もアニメーション映画のサウンドトラックとしてヒットを記録し、シンガーソングライター・奥華子の主題歌「ガーネット」は、彼女の歌声がアニメ化された『時をかける少女』の世界観と見事にマッチし話題となった。
本年は細田守監督擁するスタジオ地図が記念すべき10周年を迎え、劇場版アニメーション『時をかける少女』が4DX版となって15年ぶりにスクリーン公開。さらにオリジナル・サウンドトラックがLP盤となって蘇った。映画本編は最新技術によって蘇り、サウンドトラックはアナログ・レコード。音楽配信が主流となりつつある現在、欧米ではCDよりもレコードの売上が伸びており、AV(オーディオビジュアル)ファンやこの作品のファンにとっては待望のLPレコードの発売となる。今回のLP盤はCD発売時の収録内容から主題歌「ガーネット」、挿入歌「変わらないもの」をシングルバージョンへ差し替えて収録されることが決まり、ファンの間では15年ぶりにLP盤となって“本当の完全版オリジナル・サウンドトラック発売”との声も挙がるほど、期待の内容となっている。
LPレコードとして蘇った劇場版アニメーション『時をかける少女』オリジナル・サウンドトラックは本日より発売。全国のレコード店で購入予約をすることができるため、ファンの方、ご興味のある方はぜひお近くのお店やWebショップなどで確認をしていただきたい。


Rooftop

「時をかける少女」をもっと詳しく

「時をかける少女」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ