神木隆之介が早口でまくしたてる弁護士に!主演ドラマで開けた新境地

4月21日(土)17時0分 週刊女性PRIME

初の弁護士役に挑む神木隆之介 (c)NHK

写真を拡大



 文部科学省は、いじめや保護者とのトラブルが起きた際、法的な視点から予防や解決を図っていく“スクールロイヤー(学校弁護士)制度”の検討を本格的に始めている。

 4月21日から始まる土曜ドラマ『やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる』(NHK総合)の主人公は、そのスクールロイヤー。神木隆之介が演じる新人弁護士の田口章太郎が、法律を武器に、さまざまな学校問題に立ち向かっていく。

 初回では、新人教師(岸井ゆきの)が生徒の手をつかんだことを“娘が体罰を受けた”“担任を代えてほしい”と、モンスターペアレント(堀内敬子)が乗り込んでくる。田口は“あなたの行為は威力業務妨害にあたる”と、母親を撃退。

 しかし、思わぬ事態に発展─。

「神木君は今回、弁護士役に初挑戦していますが、イメージどおりの田口を、見事に演じてくれています。

 田口はセリフが多く、テンポも速い。さらに、1話30分とコンパクトななかに描きたいものを凝縮して詰め込んでいます。

 単に早口なだけでなく、説得力を持ってまくしたてられるのは、20代の俳優さんのなかでもオンリーワンな存在感と演技力のある彼でなければ、おさまりきらなかったでしょう。現場で神木君は苦しんでいる素振りを見せることもなく、撮影は快調に進みましたが、大変な集中力を要したと思います。



 神木君の素直で、さわやかでウソのないまっすぐさは撮影現場にも伝わり、出演者もスタッフも“神木君のドラマならひと肌脱ごう”という気になります。演技のみならず座長としての魅力も持っているんです」

 と、松川博敬チーフ・プロデューサー。

 実生活で弁護士に会ったことがないという神木は、クランクイン前に法律考証を担当する弁護士に取材。

「2〜3時間ざっくばらんに話しているうちに、弁護士のしゃべるリズム、声のトーン、わかりやすく説明する口調などを、感覚的につかんだと言っていました」(松川CP、以下同) 

 神木は弁護士には法律オタクな面があり、好きなことを人に伝えるパワーやエネルギーは、アニメや鉄道などのオタクを自負する自身と通じるものがあるという。監修弁護士のひとり、梅田康宏先生とは波長が合ったそう。



「梅田先生が撮影現場に監修で入ると、出演者のみなさんは、空き時間に個人的な相談をされていましたね。内容は秘密です(笑)」

 理路整然とまくしたて、“悪”と対峙するシーンは、毎回の見どころ。

「本作はただ痛快なだけではないです。企画の立ち上げ当初から、弁護士が悪を法律でやっつけるだけのドラマにはしたくないと考え、主人公の田口にもドラマが欲しい、と思いました。

 実際のスクールロイヤーは、ベテランの方が多いのですが、あえて新人弁護士という設定にしたのも、そのためです。田口は曲がったことが許せないまっすぐな青年。

 でも、弁護士としては発展途上の新人です。彼が汗まみれ、泥まみれになりながら教師や生徒たちと向き合い、傷つきながらも成長していく姿を描いています」

 いじめ、不登校、教師の長時間労働など現代の教育現場の問題を描いているが、クスリと笑える軽妙なタッチも盛り込んでいる。 

 田口は、弁は立っても法廷に立ったことがなく低収入、頭はよくても運動はダメダメなど、愛すべきキャラクターになっているのもポイントだ。

「スクールロイヤーとして中学校に派遣させたボス(南果歩)、事なかれ主義の校長(小堺一機)、法で決着させるより、生徒や保護者との信頼関係を重んじる教務主任(田辺誠一)らとの関わりを通じて、田口が何を学び、どう成長をしていくのか、ご期待ください。

 やけに長い作品名ですが、スタッフや出演者は“やけ弁”と略して呼んでいます。みなさんも“やけ弁”と呼んで、ご家族でお楽しみください!」


スーツは一張羅

 新人弁護士である田口の年収は200万円前後だが、オーダーメイドのスーツを愛用している。



「撮影前の衣装打ち合わせで、学校の先生の中にいて、違和感を際立たせるために、オーダーメードのスーツにしようと決めました。仕立てのいいスーツだけど、一張羅。 田口の衣装はこれだけです。ネクタイが替わることはありますが、別のスーツも普段着も出てこない、本当の一張羅です(笑)」(松川CP) 

神木くんから○○○が出ている!?

 出演者は20代の神木から60代の小堺まで各世代がそろう。

 子役時代の神木と共演経験がある南は、「隆ちゃん、こんなに大人になってと、伯母のような目線で再会しました(笑)」

 小堺は、田辺のモノマネがうまい神木に感心。また、小堺や南ら共演者は、“神木君からマイナスイオンが出ていた”と共感し合っていたという。その効果は、画面にも映っているかも?


〈番組情報〉

土曜ドラマ『やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる』

NHK総合 4月21日(土)夜8時15分〜(全6回)

週刊女性PRIME

「弁護士」をもっと詳しく

「弁護士」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ