ウディ・アレンによる養女への性的虐待疑惑の真相に迫るHBOドキュメンタリーが5月配信決定

4月21日(水)12時0分 THE RIVER

Allen V Farrow(原題)

映画界の巨匠の一大スキャンダル。ウディ・アレン監督による養女への性的虐待疑惑の真相に迫るHBOドキュメンタリーAllen V Farrow(原題)」が日本初上陸することが決定した。2021年5月26日より、U-NEXTにて見放題で独占配信される。

『アニー・ホール』(1977)『マンハッタン』(1979)『ブルージャスミン』(2013)『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』(2019)など、アカデミー賞の歴史上4番目に多い候補歴を誇る、映画界の巨匠ウディ・アレン。1980年より、ミア・ファローと公私を共にし、ふたりはハリウッドきってのパワーカップルとして知られていたものの、1992年に、アレンによる当時7歳の養女への性的虐待を、ファローが告発した。アレンは虐待を否定し、証拠不十分として訴追されることなく、1994年に裁判は終了した。

しかし、世間を揺るがした出来事から26年の時を経た2018年、成人した養女ディランが、テレビのインタビューでアレンを再告発。グレタ・ガーウィグやコリン・ファース、ティモシー・シャラメやセレーナ・ゴメスなど多くの俳優が、「アレンの映画に出演したことを後悔」「二度と彼の作品には出ない」と声明を発表、出演料を慈善団体に寄付する一方で、旧友であるダイアン・キートンやアレック・ボールドウィン、スカーレット・ヨハンソンはアレンを擁護するなど、ハリウッド中を巻き込んだ出来事が再熱している。

尊敬を集める名監督によるスキャンダル、幼児への性的虐待疑惑、養女との恋愛や再婚など、センセーショナルな見出しが連日、メディアを賑わす裏側で、実際には何が起きていたのか。映画、テレビドラマに加え、オリジナルドキュメンタリーでも高い評価を集めるHBO制作の本作では、2年間にわたる緻密なリサーチののちに、今まで世に出ることのなかった当時の電話の通話記録やファミリームービー、裁判書類や警察の証拠品などを特別に入手。ミア・ファローやディラン、そしてファローとアレンの息子で、ジャーナリストのローナン・ファロー、友人や親戚、捜査に関わった人々の独占取材を織り交ぜながら、スキャンダルの真相に迫る。

監督を務めたのは、『見えざる戦争』(2012)でアカデミー賞、『ハンティング・グラウンド』(2015)でエミー賞に選出された、カービー・ディック&エイミー・ジーリングだ。

Allen V Farrow(原題)© 2021 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO® and all related programs are the property of Home Box Office, Inc.

ドキュメンタリー「Allen V Farrow(原題)」は、2021年5月26日(水)よりU-NEXTにて見放題で独占配信中。


THE RIVER

「ウディ・アレン」をもっと詳しく

「ウディ・アレン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ