『まんぷく』で活躍・岸井ゆきの 次は成田凌と恋愛映画に挑戦

4月22日(月)6時0分 女性自身

「原作が手放しに面白くて。テルコを演じることの楽しさを想像したら、絶対やりたいと思いました」



そう語るのは、映画『愛がなんだ』(4月19日全国ロードショー)で、主人公の28歳のOL・山田テルコを演じた岸井ゆきの(27)。先日まで、朝ドラ『まんぷく』のタカちゃんとして広く親しまれた彼女が挑んだ新作は、角田光代の同名小説を原作にした恋愛映画。



「最初は原作の世界観を、私が台無しにしてしまうかもしれないという不安があったんです。でも、実際に動きだしてからは、目の前にあるテルコを理解することに全力投球しようと決めました」(岸井・以下同)



岸井扮するテルコは、とあるパーティで出会った田中マモル(成田凌)に恋してからというもの、人生のすべてが“マモちゃん”最優先。しかし、当のマモルはテルコのことが好きなのではなく、自分の都合で彼女を振り回すだけなのだ。この一方通行な恋に「ある種の共感を覚える」と彼女は言う。



「私自身は、好きな人に対してテルコのようには到底できません。でも、その行動に出るまでの熱量は、自分の中にもあると思います。私、舞台を見ることにおいてはものすごい熱量があって、時間さえあればどこへでも行くし、チケット代のために貧乏になっても構わない。対人間と観劇では違うと言われればそうかもしれないけれど、何も返してくれないという点では同じだし、そんな相手でもいちずに愛することができる。片思いな部分は似ているなあ、と」



主演は2年前、映画『おじいちゃん、死んじゃったって』で経験。



「この作品の前と後でわかりやすい変化がありました。というのも、それまでの私は現場で積極的に人とコミュニケーションを取るほうではなかったのですが、初主演で、自分ができることはなんだろうと考えたとき、まずは元気でいることだ、と。自分自身を開くことからやってみようと思ったんです。そして、気づいたら人の輪の中にスッと入れた自分がいて……作品を背負うということを学んだ現場でした。あれがなかったら、いまも1人でいたかもしれません」



また、今作では新たな気づきも。



「作品によって雰囲気も色合いも違うように、主演の立ち居振舞いも臨機応変でいいんだなって」



ポスターには、マモルがテルコをおんぶする幸せ絶頂の2人が。



「実は本編にはない場面なんです。でも、なんか素敵ですよね。見終わった後にふわ〜っとした気持ちになれるというか、2人にも甘い時間があったんだと感じられます」

女性自身

「まんぷく」をもっと詳しく

「まんぷく」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ