エアロスミス、結成50周年ツアーを計画

4月22日(日)4時24分 ナリナリドットコム

エアロスミスが、来年に向けて結成50年の記念ツアーを計画している。昨年の「エアロ・ヴェデルチ・ベイビー!」ツアーが同バンドの見納めと感じていたファンもいた中、スティーブン・タイラー、ジョー・ペリー、ブラッド・ウィトフォード、トム・ハミルトン、ジョーイ・クレイマーらは差し迫ってきたこの記念の年に、再びステージに上がることを約束した。

ギターのジョーはアトランティック・シティ・ウィークリーとのインタビューでこう答えている。

「現在の状況からも、俺らは気楽にやっていこうと思っている。単独公演をいくつかといったかたちでね。これから半年か8か月ぐらいはフェスティバルにいくつか出演するかもしれない」
「2019年には俺らの50周年だからな、それを祝してのツアーを計画している。今現在は静かに目立たずソロなんかをしてしているんだ」

以前には最後と噂されていた昨年のツアーについてフロントマンのスティーブンはこう話していた。   

「いつだって俺らはツアーで何をしようか考えているよ」
「最後のツアーと謳ってチケットやらの売り上げを伸ばそうとするバンドがいつだって多すぎだね」
「考えた結果、俺らはヨーロッパに行こうってなって。ここでしていることをするためにね。俺らは向こうに長い間顔を見せていないし、神秘的なイメージなんて投げ捨てようって。エアロ・ヴェデルチって直接ではないけどそういう意味を込めているんだ」
「ハローグッバイの、俺とジョーの故郷のイタリア版って所だよ」

同バンドは5月5日には、ニューオーリンズ・ジャズ・アンド・ヘリテージ・フェスティバルへの参加も決まっていて、ジョーはジョニー・デップ、アリス・クーパーらとハリウッド・ヴァンパイアーズのツアー、スティーブンもデビューソロアルバム「サムバディ・フロム・サムウェア」を引っさげソロツアーを敢行するなど今年の夏も大忙しのようだ。

ナリナリドットコム

「エアロスミス」をもっと詳しく

「エアロスミス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ