『ドラえもん』が“ダジャレ尽くし”と話題に 「どこまでダジャレでやり過ごす気だ!」

4月22日(月)16時0分 おたぽる

テレビ朝日「ドラえもん」公式サイトより

写真を拡大

 4月19日放送のTVアニメ『ドラえもん』(テレビ朝日系)が「ダジャレ尽くし!」だと話題。ダジャレが登場することはこれまでにもあったが、“ダジャレ尽くし”とは一体どういうことなのか? ネットの声とともに内容を紹介していこう。


 この日、放送されたのは『ダジャレーランド』と『無敵!コンチュー丹』の2本。言わずもがな、『ダジャレーランド』がダジャレ尽くしだった話。遊園地のチケットをももらったというスネ夫に誘われて、のび太、ドラえもん、ジャイアン、しずかたちは遊園地に遊びに行ったのだが、そこはボロボロの遊園地だった。


 あまりのボロさ具合にドラえもんが愚痴をこぼすと「おんぼろだなんて、なんてこと言うえんち(遊園地)」とスネ夫がダジャレを言い固まる一同。しかし、これを聞いたドラえもんが、ダジャレが30分だけ本物になるひみつ道具『ダジャレガン』を思い出し、この道具を使って遊園地をおもしろく変えながら遊ぶことになった。


 のび太が観覧車を「ランラン車」、スネ夫がジェットコースターを「ジェットトースター」、しずかがトランポリンを「トランプリン」と、それぞれ楽しい遊具に変え楽しむ一同。


 そんな中、おばけ屋敷に入った一同はダジャレの力でおばけたちを面白おかしく変えていったのだが、それでもおばけを怖がるのび太。そんなのび太を怖がらせようと、ジャイアンもおばけたちを変身させていくも、そのダジャレが「鬼のおにぎり」「(ドラキュラの)ドラきゅうり」と可愛いものばかり。


 これには視聴者からも「ジャイアンはダジャレが苦手なんですね(笑)」「ジャイアン、ダジャレ下手すぎ」「ジャイアン、ダジャレが苦手疑惑」「お化けのネーミングセンスが妖怪ウォッチみたい」などツッコミの声があがっていたのだった。


 また、そのあとに放送された『無敵!コンチュー丹』でもまさかのダジャレ連発という展開に。この話では『コンチュー丹』をいう粒を食べると、蝶の飛ぶ力、アリの怪力、かぶとむしの頑丈な体といった虫の力が身に付くのだが、これにのび太は「バッタバッタとキックでノックアウト!」「虫の力を無視された!」とまさかのダジャレを連発。


 そのためネット上で「まーたダジャレ言ってる」「どこまでダジャレでやり過ごす気だ今回」「虫の力を無視されたって、ダジャレ回は終わりましたよ、のび太君(笑)」「ダジャレ引きずってるのか」「むしろBパートの方がダジャレ良くね?」と再びツッコミの声が多数あがっていたのだ。


 テレビ放送40周年をむかえ、お祭りムードの『ドラえもん』。アニメの中の住人たちも、少し浮ついた気分なのかも?


(アーヤ・凛/ライター)

おたぽる

「ドラえもん」をもっと詳しく

「ドラえもん」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ