英ウィリアム王子、祖母エリザベス女王に感謝 母ダイアナ妃の死後「支えてくれた」

4月22日(金)11時10分 Techinsight

孫を支えたエリザベス女王(出典:https://www.instagram.com/the_british_monarchy)

写真を拡大


エリザベス女王が現地時間21日に90歳の誕生日を迎えた。かなり高齢だが今も精力的に仕事を続ける女王は、孫ウィリアム王子の深く傷ついた心を癒した“優しい女性”でもあった。

故ダイアナ妃は、まだ少年だったウィリアム王子とヘンリー王子をのこし、1997年に死去。母が恋しい年齢だった王子達はかなりの打撃を受けたというが、彼らに優しく寄り添い立ち直らせたのは、父チャールズ皇太子の母エリザベス女王だったという。このほど90歳になった女王につき、ウィリアム王子はSky Newsの『Queen At 90』でこう語っている。

「祖母は、僕に強い影響を与えてくれた女性です。僕は幼くして母を亡くしました。だから女王のような存在…つまり尊敬でき寄り添ってくれる人、そして愛する人を亡くす苦しみを理解してくれる人が大事だったんです。」
「女王は僕の支えになってくれました。女王の教えに心から感謝しています。」

気品と威厳の両方を兼ね備え、英王室のため尽力してきた女王。感情を露わにしないよう育てられたため過度な愛情表現はしない女王だが、実は常に我が子や孫を心配し気に掛けている“心優しい女性”なのだという。

出典:https://www.instagram.com/the_british_monarchy
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

Techinsight

「ウィリアム王子」をもっと詳しく

「ウィリアム王子」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ